コレクションのアート作品や画集が並ぶ居間の壁面。(撮影:増田好郎)

水性塗料をかけ流す特殊な技法で抽象画を描く、画家のHさん。自身のアトリエ空間を持つことを絶対条件に、夫婦で住まい探しを始めました。出会ったのは、昭和の趣を残す邸宅。

撮影:増田好郎

まるで建物をキャンバスのように、アーティストらしい感性とセンスでリノベーションしました。

撮影:増田好郎

空間の中央に立つ既存の柱と筋交いが味わい深いリビングダイニング。

広い庭に面した掃き出し窓と欄間窓には障子を合わせ、切り取られた庭園を絵画の額縁のように引き立てています。

掃き出し窓の先には、美しい日本庭園が広がります。(撮影:増田好郎)

柱と筋交いが間仕切りになっているよう。(撮影:増田好郎)

リビングの角には、置き畳を敷いたスペースが。こちらは、“ごろごろの間”と名付けられたスペース。こちらの家では、LDKや洗面といった基本的な空間以外には、個性的な名前がつけられているのです!

名前の通り、本を読んだり、ちょっとしたお昼寝をしたりするのにぴったり。

室内窓の向こう側は、“家事の間”と名付けられたランドリースペース。(撮影:増田好郎)

光を通す室内窓は、古建具と竹、デザインガラスを組み合わせたオリジナル。お気に入りの小物が並べられて、お気に入りのスペースであることが伝わってきます。

撮影:増田好郎

キッチンカウンターの下の棚にも、古建具を発見。ファイルボックスが整然と並ぶ中に、小さな開戸がはめられています。深みのある扉が守ってくれる小さなスペースには、大切なものをしまいたくなる気がします。

コンロ側の壁には、マットな質感の『塗装のキッチンパネル』を採用。(撮影:増田好郎)

イエローやネイビーのミックスタイルが印象的な造作キッチン。設備機器との色味の組み合わせを何度もシミュレーションして選んだというタイルは、レトロでエスニックな印象があるランタンタイルです。他の空間とテイストを外したアイテムを入れて、アクセントに。

奥の空間は“おこもりの間”と名付けた、デスクと椅子を備えた小さなスペース。アールの開口に切り取られた、照明とデスク周りが絵になります。

開口部や窓枠をキャンパスのように個性豊かに演出する様は、アートを楽しんでいるようで、次はどんなところに素敵な景色が待っているのかワクワクしてきます。

撮影:増田好郎

そして注目したいのは、キッチン背面のこちらの棚。実は、既存の和室に取り付けられていた違い棚と床柱を再利用しているのです。

和室の設えを、エスニックなタイルが目をひくキッチンにプロット。既存を生かすリノベーションならではでありつつも、なんとも新鮮な感覚です。

撮影:増田好郎

廊下の扉には、不思議な形に彫られた板を発見。「扉っぽく見せたくない」という要望を受け、把手の代わりに、Hさんが集めていた古道具から練り菓子の木型を造作建具の押し板として採用したそう。

Hさんのビビッドな色使いのアート作品と古物が共存する玄関。(撮影:増田好郎)

玄関には、目隠しを兼ねた間仕切りを、こちらも古建具を活用して設置。

その上に浮かぶのは、古物店で一目惚れしたという、明治時代のカツラ屋看板!

撮影:増田好郎

Hさんの古物に対するこだわりを感じる、この家らしいアイキャッチになっています。

よく見ると、玄関扉は既存の扉部分だけを『アイアン塗料』で塗装しています。既存を残しながらも質感を楽しむHさんらしさが散りばめられています。(撮影:増田好郎)

撮影:増田好郎

さて、画家であるHさんのアトリエは、どこにあるか気がつきましたか?最初の写真にも映っていた、ダイニング左奥の細い扉。この先がアトリエです!

飾られたアートの一部のような、パントリーの扉と思ってしまいそうな、少し小ぶりなサイズが隠し扉のような雰囲気をまとっていて、ドキドキします。

撮影:増田好郎

そんな小さな古建具を開けると、シナ合板を貼ったアトリエ空間。アートの特殊な技法に合わせて、床は撥水性のある素材に、天井は木造の躯体現しにして余白を残しています。

シナ合板貼りにすることで、カスタマイズしやすい空間に。(撮影:増田好郎)

クリエイティブな仕事をする空間だからこそ、住宅部分とガラッと雰囲気を変えて、アートを引き立てる設えに。Hさんの創作が映える一室です。

本来の用途とは違った使い方をした古物や、至るところに採用した古建具、既存の生かし方、そして合わせる素材の選び方一つ一つに、Hさんならでは美意識を感じます。この家づくりが、創作活動だったのではないかと思うほど、画家であるHさんの遊び心が詰まった事例でした。

株式会社アートアンドクラフト

建築設計/施工/不動産仲介/建物再生コンサルティングのプロ集団です。
大阪・神戸・沖縄を拠点に、マンション1室からビル1棟まで既存建物の再生を得意としています。

大阪R不動産も運営しているtoolboxのグループ会社です。

紹介している商品

PT-OT001-01-G044
¥10,450
KB-OT001-01-G248
¥7,200~
テキスト:庄司

関連する事例記事

お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
ツールボックス工事班が工事を担当した、分譲戸建のLDKリフォーム事例です。 部分的にパーツを取り替えて、お直しするように自分好みの空間に整えました。
「オトナの自由時間」を全力で楽しむ!バイカーのための家
「オトナの自由時間」を全力で楽しむ!バイカーのための家
家とは、ただ食事をしたり寝るだけではなく、趣味に勤しむための空間でもあると思うのです。 そんな想いを形にした、“オトナの自由時間”を思い切り楽しむ賃貸住宅をご紹介します。
軽やかに浮かぶ、2つのピロティと玄関のある家
軽やかに浮かぶ、2つのピロティと玄関のある家
今回ご紹介するのは、間口4M、奥行き30Mという細長い敷地に立つ、まるで住居が浮いているかのように見えるこちらの住宅です。この形状に秘められた思いとは。早速ご紹介して行きます。
築古マンションをDIYリフォーム!キッチン、タイル、建具。なんでも塗ることで生まれ変わる
築古マンションをDIYリフォーム!キッチン、タイル、建具。なんでも塗ることで生まれ変わる
築50年ほどの熱海のリゾートマンションを300万円で購入し、くたびれていた部分を『アイアン塗料』で塗ることで見違えらせた事例をご紹介します。