工場の面影が残る横に長いフォルム。その長さは25mあります。
正面向かって左側ににょきっと飛び出た三角屋根が、アイコンにもなって可愛らしい。
そんな外観に惚れ込んだ工務店さんが、自ら物件を買取りリノベーションしました。

間取りは3LDK+ガレージ。面積は居住スペースが146.16㎡で、ガレージが59.62㎡です。
この広さをどのような空間に作り込んでいったのか楽しみです。

ビフォアの外観。廃業されてから月日が経ち、所々劣化も見られていた物件。

ビフォアの内観。白トーンの間仕切りのないひと続きの空間。

こちらは、工場のメインの作業スペースになっていた場所で、お家の一番の特徴にもなる31帖のリビングです。
フローリングスペースと土間スペースがあり、ソファに座って寛いだり、薪ストーブで暖をとりながら会話を楽しんだり、思い思いに、居場所を見つかられる空間です。

こちらはキッチンスペース。リビングの中に配置されたオープンキッチンで、キッチン正面に見渡せる庭を楽しみながら料理できる仕様です。

天井に走る工場の面影を残した鉄骨梁をグレーに塗装。『オーダーキッチン天板』を使用した造作のキッチンと『キューブ型レンジフード』を同じグレートーンでまとめることで、木基調のお部屋にキリッとした印象を感じさせてくれます。

背面壁にもまた『ステンレス天板』を使用した造作のキッチンカウンターが設置され、グレーのキッチンとは対象に木で落ち着きのある仕上げに。

さらにリビングの大開口の開き戸を開けるとウッドデッキが広がります。
アウトドアリビング、と言えるような大きな面積で作られているので、テーブルを置いて食事を楽しんだり、愛犬と遊んだり、ここもまたゆったりと寛げるスペースです。

最後に、ガレージです。
ここはあえて作り込むことはしていません。ただただスペースを用意することで住む人に全てを委ねる仕様に。もともとあった作業台も捨てずに置いて、スペースの使い方を託します。

元工場だから得られた広い空間。そしてまだまだアレンジの可能性が残されたお家。
このお家をどのように自分仕様にしていくのか、そんな期待が膨らむリノベーション事例でした。

株式会社ゴーイングホーム

「ただいま」と「おかえり」をデザインする。をコンセプトに、新築やリノベーション、店舗やオフィスのリノベーションを手掛けています。

テキスト:小尾

関連する事例記事

緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。
公園に向けて開く家
公園に向けて開く家
大きな公園に面した場所にあるマンションの一室をリノベーション。朝から晩まで、外の景色と共に過ごしたい日もあれば、ひっそり身を隠していたい時もある。そんな過ごし方を叶えてくれる工夫の詰まった住まいです。
奥行きを生かした町家のような住まい
奥行きを生かした町家のような住まい
絵本などの書籍編集をされている家主が、将来家庭文庫を開くことを想定してつくった住宅。細長い敷地の特徴を活かした、町家のような住まいをご紹介します。