購入された中古の団地に元々あったのは、少しばかり仰々しいキッチンだったそう。もう少しコンパクトに、あれ?キッチン?というくらい空間に馴染んでてほしい、と計画されたそうです。

さて、この奥まった木製のキッチンがある場所、元は、

なんと壁でした。

欄間部分にはガラスも入っているようなので、以前はまた違った使われ方をしていたのでしょう。この壁を抜いてニッチスペースとし、キッチンを設置することを思い付かれたそうです。

その凹ませた壁に貼っていただいたベージュのような色をしたパネル、こちら『塗装のキッチンパネル チタンシルバー』です。お写真いただいたとき私は、昔ながらの砂壁かな?と思ってしまいました。電球の色味も手伝ってか、パネルの色「チタンシルバー」はこんな温かい色に見えるんですね。台所の総仕上げ役として、タイルや木製の見切りによく馴染んでます。

このちょっとした調味料置きスペース!かわいいいっ!塩と砂糖が入っているであろうガラス容器もなんてかわいいんだ。その他、キャリアを感じるキッチン小物をしかと包み込む、こじんまりとしたこの台所をどんどん好きになりました。

次は、洗面。ちょっとした収納に『ワイヤーラック アルミ

頭上にあっても重苦しく感じないのは、金網だからかな。お使いのミラーと相性抜群だなぁと思いました。

洗面水栓には『壁付けハンドル混合栓』。ミラー上にあるのは『工業系レセップ  ソケット01』。ここで使わなくて、いつ使う!?と言わんばかりにもう雰囲気ぴったり。どちらもシンプルかつ愛嬌ある、ロングライフデザインです。

まるでドラマの主人公の部屋のような、住んでいる人に会いたくなるような事例でした。

(豊田)

紹介している商品

KB-OT001-02-G248
¥8,600~
SF-RK002-04-G141
¥23,100
LT-BR001-01-G141
¥2,800

関連する事例記事

捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
ツールボックス工事班が工事を担当した、既存材料を再利用することをテーマとしたマンションLDKリフォームの事例です。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
お気に入りの素材を散りばめて、分譲戸建をお化粧直し!
ツールボックス工事班が工事を担当した、分譲戸建のLDKリフォーム事例です。 部分的にパーツを取り替えて、お直しするように自分好みの空間に整えました。
ノスタルジックを愛でる家
ノスタルジックを愛でる家
ツールボックス工事班が工事を担当した、懐かしさを残しつつも清潔感や使い勝手を今の暮らしにマッチさせた賃貸リフォーム事例です。