カラフルな天井が目を引くこちらの住まい。

床や壁はナチュラルでシンプル、そこに色が加わるだけで、こんなにも個性豊かで心地よい雰囲気になるんですね。

明るく伸びやかな空間に、toolboxのアイテムをたくさんお使いいただきました。

キッチン横のリビングの壁には『リングの棚受け 雑誌サイズ大』を使った、オープンな収納がありました。

黒い華奢な棚受けが、明るい黄緑色の天井のほどよい引き締め役に。北欧の現代美術館のような、スマートな色の組み合わせがたまりません。

ところ変わってこちらは玄関スペース。三角の天井が愛らしく、爽やかなスカイブルーの配色に心が弾みます。

棚板の下には『ハンガーバー φ6 鉄』を発見。お出かけ前にサッと手に取りたいお子さんのヘルメットなど、ちょい掛け収納に便利です。

サイズオーダーができるので、空間に合わせて幅を決められるのも魅力のひとつ。

こちらはトイレです。コンパクトな空間では、タオル掛けの位置をどうするか悩ましいところ。洗面台の下にハンガーバーをつければ、すっきり収まります。

さて、洗面室にやってきました。こちらでもハンガーバーが、タオル掛けとして活躍しています

お風呂場横の壁面には、直径が少し太めな『オーダーマルチバーφ12 鉄』が上下にふたつ。この商品も、サイズオーダーが可能です。

ハンガーバーより耐荷重があるので、体を拭いたあとのバスタオルも気兼ねなく掛けられますね。

丈夫なオーダーマルチバーはキッチンにも! ハサミやお玉など、調理用具掛けにちょうどよく、家事効率が上がりそうなキッチンです。

白くてナチュラルな階段には『木の手摺 メープル』をセレクト。

メープルの無垢材でつくられた手摺はぬくもりがあり、木ならではの経年変化が楽しめます。家で過ごす時間や家族の歴史が刻まれて、どんな風に育っていくのでしょう。

最後に外観をご紹介します。

カラフルな内装と比べるとシックな印象ですが、扉が濃いブルーだったり、ポストがグリーンだったり、遊び心はここにも生かされています。

ちなみにポストは『レバーハンドル玄関ポスト』。どこかディック・ブルーナを彷彿とさせる、色合いが素敵です。

カラフルとの調和が楽しい、伸びやかで心地のいい空間事例をお届けしました。

(塩川)

ジラフ建築設計事務所 一級建築士事務所

建物の設計監理、家具・照明・各プロダクツのデザインなどをしている建築設計事務所。アフターケアを重視し、建築を通してライフスタイルの提案・サポートを行なっている。

紹介している商品

関連する事例記事

好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。