写真をお送りくださったのは、都内に1棟マンションを持ち、入居者さんが出て部屋が空くごとにご自身でリノベーションのプランを立てているという、家づくり経験が豊富な大家さん。

今回の写真の場所は、マンションではなく、もう一つ持っている山小屋のキッチンということですが、まずは完成形から。

完成形を見ると押入れだったの!?と思ってしまいますが、すっきりした業務用キッチンと、奥に緑が見える小窓が効いた、使い勝手も気持ちも良さそうな空間となっています。

あんまりにも元の様子がイメージできないと思うので、押入れから完成までを動画にしたものをご覧ください。

おーーー!すごい。工程を見ていくと、この1空間に様々な素材が使われているのもわかります。

そもそも、なぜ押入れをキッチンにするに至ったかというと、もともとのキッチンが食卓からとても離れた位置にあり、不便だったそう。

ということで、食卓近くに移設させ、ちゃんと使い勝手もいいキッチン空間をつくることに。

ご自身でプランを考え、大まかな構成案などを描きながら進められたそうです。

業務用キッチンの組み合わせを検討した図。

ご自身で描かれたそう。

どこをどの素材にするかを決めている様子。

この中でtoolboxの商品と言えば、壁の『アイアン塗料』、床の70角タイルというのが『古窯70角タイル』です。

アイアン塗料を塗った場所は、水切りカゴを置いたり、作業台前の水がかかる場所。アイアン塗料は屋外でも使えるならキッチンにもぴったりなんじゃないか?ということで選んでいただきました。色は「シルバーグレー」です。

床の古窯70角タイルは「焼麦色(布目)」を選択いただきました。

落ち着いた質感のタイルなので、築古の建物にも馴染むんです。配管まわりなど、カットが大変な場所もご自身で貼られたそうです。基本キッチンで隠れてしまうところも綺麗に貼っていただきました。目地もいい色。

あとは床に使われているのは『無垢床タイル』ヒノキ。置くだけでいいのでとっても簡単。

Before

After

ビフォーアフターですが、見違えましたね。仕上げには『オスモカラー』のクリアを塗られているそうです。

ドアには旧仕様の幅が狭かった時代の『スライスウッド』オーク。ハンドルには『アイアンドアハンドル』丸パイプの250mmを合わせていただきました。

こちらもビフォーアフター見比べると、味わいが増したのを感じられますね。

家づくり経験豊富な大家さんが、自分のやりたいことにあわせて、丁寧に家づくりされている様子が見ててワクワクしました。

家づくりの進め方も、参考になる方、多いのではないかなと思いました。

(梅川)

アサクラ

東京にある賃貸マンションの管理&経営をしつつ、東京の山奥にある山小屋をDIYで直したり、自分で手も動かしてしまう多才な方。
ブログや「ESSE online」では、賃貸の「現実」やリノベのアイデアなど、大家ならではの視点でコラムを書いています。

コラムはこちらから

紹介している商品

FL-OT003-02-G129
¥9,075/㎡
PT-WP004-01-G021
¥7,700
PT-OT001-01-G044
¥10,450

関連する事例記事

思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。
螺旋階段が場をつなぐ。小さいのに広がりを感じる住まい
螺旋階段が場をつなぐ。小さいのに広がりを感じる住まい
今回ご紹介するのは、9坪弱のくさび型の敷地に建てられた小さな住宅の事例です。建物の真ん中を貫く螺旋階段によるスキップフロアの住まいは、日々を心地よく暮らすための驚きのアイデアに溢れていました。
離島にある築80年越えの古民家を改修。自然素材を使った温かな住まい
離島にある築80年越えの古民家を改修。自然素材を使った温かな住まい
奥様が「子供が小さい時期をとにかく楽しく過ごすことを優先させたい」と、設計された、夫婦と三兄弟、家族5人が暮らす住まいをご紹介します。
メイドイン足立区。地元の職人と一緒につくりあげた家
メイドイン足立区。地元の職人と一緒につくりあげた家
足立区で設計事務所を営む石村大輔さんの自邸。「仕事を通じて知り合った足立区の職人さんたちと一緒につくりたい。」そんな想いのもと完成したお住まいは、納められたマテリアルのほとんどに、何かしらのヒトとモノとのストーリーが潜み、目には見えない奥深さが生み出されていました。