今回の物件は、札幌市中央区の最南に位置する藻岩山のふもとに建つ築32年のマンション。

“山鼻エリア”と呼ばれるこちらの地域は、札幌の中心部へアクセスしやすい上、山並みの景観を楽しめるとても住みやすい場所です。

都会の利便性と豊かな自然環境を併せ持つ札幌は移住先としても人気で、リモートワークをきっかけに東京から移住してくる方も増えてきています。

窓から見える、四季折々の藻岩山の景色。山頂には展望台があり、札幌を一望できる大パノラマが堪能できます。

そんな札幌初のASSYのモデルルーム。一体どんな空間に仕上がったのか、早速ご紹介していきます!

暮らしに寄り添いながら、形作っていく

ASSYは『内装の素材やパーツがあらかじめ決まっていて、間取りは自由設計』という定額制のパッケージリノベーションサービスです。

「この雰囲気いいな」と空間のイメージを掴んだ状態から打ち合わせがスタートするので、自分の好きな間取りや生活動線など「その場所でどう暮らしたいか」を考えることに専念できるようになっています。

 

今回リノベーションした物件は、専有面積70㎡。
元の間取りは、細かく分けられた部屋数重視の3LDKで、壁や間仕切りが多く狭く暗い印象になってしまっていました。

改修前のリビングダイニングの様子。

この広さの物件を選ばれるのはおそらく、ご夫婦+小さなお子様がいらっしゃる3人家族、もしくはご夫婦2人でゆったり過ごされるケースなども考えられそう。

前述の通り、通常のASSYであれば、お客様の希望にあわせ間取りを設計していきますが、今回は買取再販のため「どんな方がこの場所を選び、どんな風に暮らしたいと思うか」実際にこの場所で暮らす住まい手のイメージをリアルに想像しながら、形作っていきました。

最終的に私たちが選んだのは、主寝室+もう一部屋の2LDKの間取り。

専有面積70㎡。LDK以外は大きく既存の間取りから変えていないですが、使い勝手や空間の居心地を考慮しながら丁寧に手を入れています。

北海道という土地柄、雪対策グッズなどを収納する場所を考慮すると、玄関正面の洋室まで土間スペースを大きく広げた1LDKもありかとも考えましたが、そうすると3人家族が対象から外れてしまいます。

もう一部屋残すことで、お子様のお部屋にしたり、書斎にしたり、趣味の道具を置いておける趣味部屋にしたり。たくさんのお客様にここでの暮らしを妄想していただけるよう、より多くの暮らしに寄り添えるプランを意識しました。

改修後のリビングダイニング。元々あった洋室の壁や建具を取っ払い、キッチン・ダイニング・リビングをひと続きに。

明るく開放的に生まれ変わったリビングダイニング。

ASSYのベースマテリアルの、躯体現し、ラワン、白塗装の素材感に加えて、今回はアクセントとしてリビングの一面に「ウッドウォールパネル」を貼っています。

ラフな印象の躯体現しや剥き出しの配管に、木の伸びやかな質感を加えることで、ラフだけど上質な雰囲気漂う空間に。

リビングの光を寝室へ届けるため、今回はオプションの「木製室内窓」をプラス。佇まいが絵になります。

適度なカジュアルさが心地いい「木製システムキッチン」に、ブラックの「フラットレンジフード」とシルバーのキッチンパネルをあわせて落ち着いたトーンにまとめたキッチンスペース。

柔らかな光が差し込む寝室で、ほっと一息。

寝室は、光が入りにくいことを逆手にとり、躯体現しの範囲を広げて部屋全体のトーンを落とし、洞窟のようなおこもり感のある雰囲気に仕上げました。

白壁やラワンで印象を和らげつつ、足元はふかふかと足触りが心地いいウールのカーペットを敷き詰めて、ゆったりくつろげる空間に。

(左)改修前。(右)改修後。

元々建具付きだった玄関の収納は、オープンにして土間を広げ、スキー板やスコップといった濡れたままのグッズを置いておけるスペースを確保しました。

「自分らしさ」がじわじわ滲みでてくる住まい

無理に隠したり飾り立てたりせずに、自然な形で住む人の暮らしを魅せる要素が散りばめられているのも、ASSYの特徴のひとつ。

例えば、玄関や洗面の壁に設置された有孔ボード。

狙わずとも掛けるだけで、自然とおしゃれな雰囲気に。

毎日使うドライヤーやヘアブラシ、外から帰ってきてそのまま家の中には持ち込みたくない鞄やコート、頻繁に使うちょっとした小物類など。

日々の暮らしに寄り添うように、自由に引っ掛けて仕舞える場所を用意しました。

使い方は住まい手次第。フックにかけるだけなので、必要なときにすぐに手に取ることができます。

棚にはお気に入りのお皿や料理道具を並べたり、写真のようにフックを引っ掛けてみたり。並べるものや並べ方にその人らしさが見え隠れします。

キッチン背面のカウンター下は、お気に入りのワゴンを入れてみたり、使い勝手にあわせて自分好みにカスタムできる自由なつくりになっています。ハンガーパイプにカーテンを吊るせば、生活感をさりげなく隠すこともできます。

重さのある調理器具も気にせずガシガシかけられる、タフな印象の「亜鉛メッキのマルチバー」。

ふと目に入るお気に入りの小物たちが気分をあげてくれるベッド周り。

オプション仕様ながら、採用される率の高いラワンのヘッドボード。今回のモデルルームにも備え付けています。

お気に入りの絵を飾ったり、アロマやお香を焚いてみたり。好きなものを飾れるこのちょっとしたスペースが、眠りにつくまでの寝室での過ごし方を豊かにしてくれる気がします。

札幌でリノベーションを検討されている方はぜひ

素材感を大切にしながら、そこでの暮らしに寄り添うように丁寧に形作られたASSYの空間。

飾らない「自分らしさ」が住んでいくうちにじわじわと空間に滲み出てくるため、パッケージ空間ながら、住む人によって雰囲気が変化するのも、ASSYの面白いところ。自分ならその場所でどう暮らすか。そんなワクワクした想像が広がります。

ASSYでつくる、自分の暮らしを魅せる住まい。札幌の皆様にもぜひ体感してもらえたらうれしいです。

(ヤマキ)

スタイリングの中にちゃっかり、札幌ならではのご当地アイテム「熊の木彫り」を潜ませる遊び心(笑)。

ASSYでリノベーションした他の家についてもコラムで紹介しています。是非のぞいてみてください。

ASSYの仕様や詳細をご覧になりたい方はASSYの特設ページや、カタログをご覧ください。カタログは無料で請求が可能です。

札幌ASSYモデルルームのご案内

日時: 常時公開中 10:00〜17:00 [ 定休日:火・水曜日・祝日 ]

会場住所:札幌市山鼻エリア
モデルルーム詳細・お申し込みはこちらからお願いします。

  • 完全予約制でのご案内となります。
  • 予約フォームは本物件の設計施工を担当したリグワークスのページとなります。

Lig works | リグワークス

シンプルなデザインの中に、暮らす人の色を落とし込んで、自由な発想でユーモアに溢れたデザイン、住まいや暮らし方をご提案。
デザイン・施工はもちろん、不動産仲介・住宅ローン・火災保険、インテリアコーディネートまで、リノベーションに関わるすべてのサポートを行っています。

関連記事

定額制パッケージ・リノベーション『ASSY』。札幌でのサービスを開始します!
定額制パッケージ・リノベーション『ASSY』。札幌でのサービスを開始します!
『ASSY』は、パッケージサービス全体の企画をtoolboxが担当し、お客様との打ち合わせと設計・施工を提携パートナーが行う、定額制のリノベーションサービスです。これまで、関東、関西エリアでサービスを提供してきた『ASSY』。今回は、新たにサービス提供を開始する札幌エリアのパートナー「札幌アポロ」に、『ASSY』の魅力について、インタビューしてきました。

紹介している商品

KB-AC006-01-G142
¥17,200
KB-AC002-01-G141
¥3,960
LT-BR001-13-G141
¥2,800
LT-PS002-13-G141
¥15,070
PS-BK001-01-G141
¥2,900/本
PT-OT001-01-G044
¥10,450
LT-PS008-22-G141
¥990
  • 「ラスオークフローリング オーク90/クリア塗装」は販売を終了しました。

関連する事例記事

捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
ツールボックス工事班が工事を担当した、既存材料を再利用することをテーマとしたマンションLDKリフォームの事例です。
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
築25年のご実家を2世帯住宅にリノベーションした事例です。新築時にご両親が仕込んでくれた大きな梁のおかげで、開放的な空間づくりを可能にさせました。
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
ワイン好き夫婦がお家で美味しくワインを飲めるように作った、こだわりのオープンキッチンの事例をご紹介します。
窓からの夕暮れに惚れる。家族が集うリビングダイニング
窓からの夕暮れに惚れる。家族が集うリビングダイニング
「家族が増えて手狭になってきた賃貸から、そろそろ引っ越ししたい」そんな理由から戸建てマイホームの計画をはじめられたお客様の事例です。