ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
5mm厚の足場板
切って貼って工作しよう
商品名:

5mm厚の足場板

貼ることができる5mm厚の足場板。床・壁・天井・家具を古材風の木の仕上げにできます。

購入はこちら
BRIWAXのラスティックパインを塗った事例(無塗装)

BRIWAXのラスティックパインを塗った事例(無塗装)

キッチンに貼った事例(鉄さび)

キッチンに貼った事例(鉄さび)

木の壁が空間を和らげてくれます(無塗装)

木の壁が空間を和らげてくれます(無塗装)

天井や床にもどうぞ。これなら自分で出来ます(鉄サビ)

天井や床にもどうぞ。これなら自分で出来ます(鉄サビ)

5mmと薄いので施工しやすい(鉄サビ)

5mmと薄いので施工しやすい(鉄サビ)

この薄さがポイントです

ご好評いただいている足場板の床ですが、今度は5mm厚になって登場です。
薄くスライスされたことで、重量的にも軽くなり、貼り付けるのが容易になりました。容易になったということは、そうなんです。DIYでも扱いやすい。

薄いので、のこぎりで切るときに負担が少ないですし、ボンド+両面テープの合わせ技で接着できます。貼り付けたときに一部浮いてくる部分が出る可能性がありますが、そこだけ仮釘やビスで留めるだけでOK。分厚い板を切るのは骨が折れる作業ですが、5mmという薄さは、頑張ればカッターでも切れる厚さ。これなら気軽に扱えると思います。

※ボンドは「床職人」などの1液型ウレタン樹脂系接着剤をお勧めします。両面テープは業務用の厚手のものをお使い下さい。
※ビニルクロスの上から釘やビスを使わずに貼ることも可能ですが、クロス自体が壁から浮いているとクロスごと剥がれる原因となりますので、状態の確認をしましょう。

空間に木を取り入れる

この足場板はまずは壁にお使いいただきたい。白い空間のなかに1面だけそびえる木を積み上げたような壁。
リノベーションでむき出しになったコンクリートにもよく合い、空間を落ち着く場所に和らげてくれます。
それに木と木だからでしょうか。観葉植物との相性が本当に良い。緑が鮮やかに映えてくれるのです。

もちろん、天井や家具、扉の仕上げ材としてもご使用いただけます。よくあるようなツルッとした感じではなく、ちゃんと杉の木独特の手触り感を残した加工がなされているので、古材のような風合いのある仕上がりになります。

気軽に使う足場板

この足場板はダメージの大きい古材ではなく、くたびれた表面をスライスした後の木材の芯のきれいな部分を使ったり、現場で使われる前の足場板を利用してつくられています。
古材が好きな人なら、「鉄サビ仕上げ」がおすすめです。特殊な着色がされていて使い古された古材のイメージになります。
一方、「無塗装」はカスタム性の高い材料です。無塗装なので、ぜひ上からBRIWAXを塗っていただきたい。ほどよくムラができて色も変えられるので空間に合わせやすく、味わい深い壁になります。それから白いペンキを塗るのも空間に合わせやすいかと思います。塗った後にヤスリをかけてエイジングするという上級技にトライする人が現れたら、ぜひ事例写真ください!

もちろん、そのまま貼って終わりでも十分満足してもらえるかと思います。杉材そのままの柔らかい雰囲気になり、白いクロス貼りの空間に合わせやすいです。徐々に日に焼けていく経年変化も楽しんでもらえるはずです。
表面はヤスリ掛けが施されていますので、手で触ってもトゲが刺さることはほぼありません。足場板を床に使うには抵抗があるという方も、これなら床にお使いいただけます。
ただし、ほぼ大丈夫とはいえ、そこは足場板。隙や反りや割れ、あるいは部分的なささくれなど起こらないとは言えませんので、しっかり塗装をしてください。

※同じ仕上げで、もう少し分厚い方が良いという場合は新品の足場板をご検討下さい。奥行きの深さが出て迫力ある壁や床になります。

この商品を使った事例「Pin-up」はこちら
この商品の施工ノウハウ「How to make」はこちら

(担当:荒川)

【5mm厚の足場板】の全2商品

5mm厚の足場板
鉄サビ仕上げ
¥4,090/㎡
サイズ:L910×W180×T5mm(LWTそれぞれ±1mm) 素材:杉の足場板 仕上:洗浄・整備・乾燥、なめらか表面仕上げ、鉄サビ風着色 ㎡必要枚数:7枚 1ケース入数:20枚 備考:新材
5mm厚の足場板 鉄サビ仕上げ
5mm厚の足場板
無塗装
¥3,052/㎡
サイズ:L910×W180×T5mm(LWTそれぞれ±1mm) 素材:杉の足場板 仕上:なめらか表面仕上げ ㎡必要枚数:7枚 1ケース入数:20枚 備考:新材
5mm厚の足場板 無塗装