平日は東京で働き、週末は三浦半島の小屋でゆったりくつろいで過ごすという、二地域居住をされているお客様の事例です。

「自分たちが一番おちつく空間を自分たちでつくりたかった」という想いからセカンドハウスはハーフビルドで週末に少しずつ作業を進め、1年かけて完成されたのだそう。

そんなセカンドハウスのキッチンに、深いブルーが特長の『レトロエイジタイル』を使っていただきました。目地はグレーにして落ち着いた雰囲気に。

「はじめは難しかったんですが、足元から施工していったので、見える部分は結構うまくいったと思います!」
面にあわせてタイルがきちんとカットされていて、お客様自身でやられたとは思えないきれいな仕上がりとなっています。タイルのカットはタイルカッターでは歯がたたず、グラインダー(電動カッター)を使われたんだとか。

天井の仕上げは『5mmの足場板』
天井下地に、接着剤とピンタッカーで施工をされたのだそう。「軽くて施工性が良かったです」とのご感想通り、薄くて軽く扱いやすいため、DIY向きの材といえます。
ピンタッカーでとめておけば反りにくくなるので、天井面でも安心ですね。

塗装は『ブライワックス』の2度塗り仕上げ。ブライワックスで仕上げることで味わい深い表情になっています。

「材の薄さを感じさせない仕上がりで、漆喰の壁とも合っていて気に入っています。大満足です!」というとってもうれしいお言葉をいただきました。
こだわってつくられた「自分たちが一番落ち着けるお家」にtoolboxのアイテムを選んでいただき、誇らしい気持ちでいっぱいです。

また拡張・改造される際には、ぜひご利用をお待ちしております!

 

(ヤマキ)

紹介している商品

WL-WB001-03-G038
¥4,130/㎡

関連する事例記事

安らぎも集中も。時代にあわせた都市型戸建リノベ
安らぎも集中も。時代にあわせた都市型戸建リノベ
間口が狭く縦に長い、“ペンシルハウス”と呼ばれる都市型戸建て。都市部への通勤がしやすく人気の高い住宅地に、多くの家を建てるために普及したスタイルです。リモートワークが浸透し、通勤が当たり前ではなくなった今の時代、どのように使うのが豊かなのでしょう。そんな問いに向き合ったリノベーション事例があります。
糸島の海の青
糸島の海の青
どんぶりからはみ出す「ごぼ天」が人気!福岡の有名なうどん屋さんの店舗の事例をご紹介いたします。
リノベリレー
リノベリレー
一目惚れした物件を部分リノベで住み継ぐ。
和洋アンティークフリースタイル
和洋アンティークフリースタイル
築41年・木造戸建賃貸リノベーションのご紹介です。