結婚当初に建て替えた、旦那さん側のご両親との2世帯住宅。
1階には、ご両親の寝室と、リビングダイニングに共用のキッチン。2階、3階がご自分たちのリビングや寝室という間取り。
お子さんが出来て、自分たち専用に気軽に使えるちょっとしたキッチンが欲しいと、部分リフォームでキッチンを追加されたお客様の事例をご紹介します。

ショールームに何度かお越しいただき、キッチンリフォームに使うアイテムを探されていたお客様。まだ依頼先も見つかっていないとのことだったので、Pin-up プロで、ご自宅の近くならこんな会社がありますよと「みのり制作室」をご紹介。ご縁が繋がり、完成された事例をいただきました。

味わい深いムラが印象的な、壁にモルタルを塗ったキッチンスペース。
「ミニマルキッチン」に、ステンレスの「キューブ型レンジフード」、冷蔵庫とシルバーのアイテムたちがぴったりマッチしています。正面の壁面には「リングの棚受け」と「フリーカット集成材」のナラを棚板にして。

キッチン正面の壁の「リングの棚受け」は、上下に棚板を渡せば2段分の棚が作れるアイテム。こちらのお家では、それを上下に2セット設置。わざと一番上の棚板だけはつけず、高さのあるものを置けるようにしました。

あまり広くはないスペースなので、足元にゴミ箱だけ置いた壁付けの「ミニマルキッチン」が軽やか。壁の左側には、「トグルスイッチ」も。

キッチンも棚板も、奥様の身長に合わせて、取付け高さを調整したそう。高さを自由に設定できるもの壁付けキッチンのメリットですね。

棚板は、「フリーカット集成材」のナラ。集成材ならではの、細い幅を継いだ木目が、グレーのシンプルなキッチンに優しい雰囲気をプラスしています。

レンジフードは、「キューブ型レンジフード」のステンレス。
「ハンガーバー」のΦ9を正面と側面の壁につけて、お鍋やキッチンツールを吊るしました。油はね予防に、コンロ回りには透明の汚れ防止シートが。これパッと見は気付きませんね。ナイスアイデア。

こちらが、ビフォー。冷蔵庫だけあった2階のリビング。平面的に少しくぼんだスペースがありました。

家を建てた当初は、結婚後まもなく義両親に遠慮していたこともあって、家づくりの打ち合わせにも積極的に参加していなかったという奥様。リビングは別々にあり、お互い自由に過ごせるとはいえ、キッチンを使うには、義両親が過ごす1階におりて行く必要がありました。お子さんが生まれ、家にずっといるようになってからは、夜中の離乳食作りで音を立てないように気をつかったり、子育ての合間のちょっとした隙間時間に自分のご飯を食べようにも、目を離して下の階に降りていくことも出来ない等、ストレスが重なって、家が大嫌いになってしまった時期もあったのだとか。

その後、キッチンを作ろうと複数社に見積もりを依頼するも、なかなか踏み切れず。そんな中出会ったみのり制作室の村田さんは、最初の打ち合わせで、家族構成を聞いてくれ、あぁ、この人はこの家で生活する人に寄り添ってくれる人なんだと感じ、お願いすることになったそうです。

毎日のストレスの原因を解決できたことで、ご飯を作ってもらったりと、義両親との同居のありがたさを感じながらも、自分たちの生活を楽しく過ごせるようになったというお客様。いいご縁が繋がって、私たちも嬉しいです。すてきなお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

(来生)

みのり制作室

東京多摩エリアを拠点に活動する、リフォーム・リノベーション会社です。

住所:東京都東村山市秋津町5-30-1 パークアベニュー秋津壱番館417
URL:http://www.minori-studio.jp/