“色”を取り入れるのがとっても上手なお家の床に、『ヴィンテージ加工フローリング』と『継ぎ無垢フローリング』をお使いいただきました。

上の写真はヴィンテージ加工フローリングのローストを使ったお部屋。
落ち着いた色味のローストですが、家具や小物に明るい色が取り入れられ、壁の白さや窓から差し込む光が相まって気持ちの良い空間に。
床によって家具が引き立てられ、さらに言えば、家具によって床も引き立てられているようです。

奥の部屋に移動してみると、こちらはコンクリートむき出しの天井がお見え。
ざっくりとした天井の雰囲気と、ローストの使い込まれたような味わいがぴったりです!

雛人形が飾ってあるのが、住んでいる人の生活感を感じられて微笑ましい気持ちになりました。

お次は、継ぎ無垢フローリングのアカシアブラウン。
こちらもローストと同じように落ち着きのある色味。
本棚とパソコンデスクがあるところを見ると、寝室と書斎としてお使いなのかもしれません。
じっくり作業に集中できそうなこの場所なら、効率良く作業ができそうです。

最後に、ハンガーバーもお使いいただいたのでご紹介します。
洗面所に設置されたバーは、そのシンプルさから存在を主張することなくスッと馴染みます。
この場所でも、住んでいる方の色のセンスを垣間見る鮮やかな黄色いタオル。
色使いって本当大事なことですね。

参考になる事例写真ありがとうございました!

株式会社MINORI

東京西エリアを中心に活動するリフォーム・リノベーションの会社です。
小さな会社ですが、ヒアリングを大切にし、おひとりおひとりに対して、細やかな対応ができるよう心がけております。

紹介している商品

関連する事例記事

思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。
在宅ワークだからこそ。「気分転換」を大切にした住まい
在宅ワークだからこそ。「気分転換」を大切にした住まい
「ご夫婦揃って在宅ワークが基本」というHさんご夫妻。その住まいには、オンオフを気楽にスイッチできる、在宅ワークだからこその空間づくりの工夫が散りばめられていました。
え、ここが家なの?ショップのような自宅
え、ここが家なの?ショップのような自宅
アパレル業界で働く夫婦がマンションをリノベーションした事例。ショップのように感じる家には、たくさんの工夫が詰まっていました。
ノスタルジックを愛でる家
ノスタルジックを愛でる家
ツールボックス工事班が工事を担当した、懐かしさを残しつつも清潔感や使い勝手を今の暮らしにマッチさせた賃貸リフォーム事例です。