壁も床も天井も、天然の木の柔らかさが包み込む空間に、toolboxアイテムを導入いただきました。

木目が美しい、立派な梁の先の2Fも気になるところですが、toolboxアイテムが使われているのは奥のキッチンスペース。

正面に見えていた棚は『リングの棚受け』で支えられています。
合板の断面をあえて見せて、ラフなんだけど、シナのスッキリした表情で綺麗にまとまっています。
棚板が2枚通るので収納力も抜群です。

キッチンは『オーダーキッチン天板』で天板より下は造作していただきました。

シンクとコンロで作業台を分けて、料理がしやすい広々としたキッチンに。
これだけ広いキッチンだったら何を作るにしても、作業しやすくて毎日の料理が楽しくなりそうです。

キッチンの奥のパントリーには『ガラスボール照明』を。
赤い壁でパッと目を引きます。

最後はキッチンスペースではなく、収納スペース。
棚の中に1灯の『マリンデッキライト』。
この撮影の時には何も入ってませんが、収納するものを華やかに照らしてくれそうです。

一つ一つの素材やパーツにこだわりが感じられる気持ちの良い事例でした。

(梅川)

株式会社 堀井建設

京都府城陽市で土木工事、建築工事、大工工事、左官工事…などの建設工事を行っております。
mail:mail@horiikensetu.com

紹介している商品

KB-KC012-12-G183
¥47,000~
LT-PD002-03-G141
¥10,400
PS-BK002-02-G141
¥8,800/本
  • 写真の「マリンデッキライト  ブラック(大)」は仕様変更前のものです。(旧仕様品の商品名「クリア×ブラック」)

関連する事例記事

緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。
公園に向けて開く家
公園に向けて開く家
大きな公園に面した場所にあるマンションの一室をリノベーション。朝から晩まで、外の景色と共に過ごしたい日もあれば、ひっそり身を隠していたい時もある。そんな過ごし方を叶えてくれる工夫の詰まった住まいです。
奥行きを生かした町家のような住まい
奥行きを生かした町家のような住まい
絵本などの書籍編集をされている家主が、将来家庭文庫を開くことを想定してつくった住宅。細長い敷地の特徴を活かした、町家のような住まいをご紹介します。