熊本のリノベーション会社・ASTERさんから、築30年のマンションのリノベーション事例をいただきました。

LDKの床に使っていただいたのは、『パーケットフローリング オーク大柄/無塗装』。

『パーケットフローリング』は白色のオイルで塗装されており、木目の主張を控えめに。壁の塗装は白ではなくベージュをセレクトしたそう。

素朴さがあるモルタル仕上げのキッチンや、上部がアーチ型になったニッチなど、重厚感のある素材や意匠で落ち着きをつくりつつ、穏やかな雰囲気に仕上げています。

窓辺の床はタイル貼りで土間仕様になっています。

toolboxでも「アイアンハンガーパイプ』が大人気なのですが、「天井にハンガーパイプ」というアイデアは、服を干したりグリーンを吊るしたりと、本当に便利そう。

間仕切り壁と天井のあいだに隙間をつくったり、ガラス窓入りのドアを使って、お部屋に奥行きを出すテクニックも参考になります。

フローリングとタイルが切り替わる「見切り」に使われているのは、真鍮色の金属。

ふおお~。カッコイイ。

こうしたディテールへの気配りが、空間の質を高めるんですね……!

モルタルの造作カウンターと業務用の流し付き作業台を組み合わせたキッチン。

レンジフードの陰からちらりと見えているのは……?

工業系照明 可変型アーム』でした。

硬質な雰囲気の素材をつかったキッチンによく似合っています。

洗面室にお使いいただいたのは『ベンジャミンムーアペイント」。左の壁は白にうっすら紫がかかった「Mirage White」、正面は「Hazy Lilac」という色。

露出配管と『工業系レセップ ソケットホワイト』が甘すぎない空間に仕上げています。

ミラー横のスイッチとコンセントには『アメリカンスイッチ 1-2口 (ST-SV)』をお使いいただきました。

こちらの事例、リノベーションに取り組む際に意識したことは、“時間とともに「腐敗」するのではなく「発酵」していくような素材選び”だったそう。

「発酵していく」。すごくいい表現だと思いませんか。年月が経つほど、使い込むほど、成熟してうまみが増す。

そんな空間での暮らしは、過ごすほどに居心地が良くなりそうです。

ASTER アスター|有限会社 中川正人商店

熊本を中心に活動する内装工事の専門店。リノベーションや店舗改装のデザイン・施工を行っています。
熊本市中央区九品寺に構えるショップ「KUHONJI GENERAL STORE(9 GS)」では、カーテンやインテリア家具・雑貨の販売も手掛けています。

紹介している商品

  • 「工業系照明 可変型アーム」は販売を終了しました。

関連する事例記事

木素材の延長線上に
木素材の延長線上に
天板・面材は木素材、クォーツシンクを使ったキッチン事例をお送りいただきました。
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。
え、ここが家なの?ショップのような自宅
え、ここが家なの?ショップのような自宅
アパレル業界で働く夫婦がマンションをリノベーションした事例。ショップのように感じる家には、たくさんの工夫が詰まっていました。
ノスタルジックを愛でる家
ノスタルジックを愛でる家
ツールボックス工事班が工事を担当した、懐かしさを残しつつも清潔感や使い勝手を今の暮らしにマッチさせた賃貸リフォーム事例です。