ご夫婦で地方に移住し、和室二間と大きな庭のある築34年の中古物件を購入。本格的なセルフリノベーションを楽しんでいるお客さま。

その名も「毎日が日曜大工」というお名前で、臨場感あふれる家づくりの様子をInstagramで発信しています。

時間をかけながら自分たちの手でつくりあげた空間に、toolboxのアイテムもしっかりと溶け込んでいました。

さっそく、ビフォーアフターからご紹介してきましょう。

なんということでしょう。和室の押し入れと天袋を大胆にリノベーションし、収納力たっぷりのクローゼットが完成。

左側の押入れの扉に採用いただいたのは『木製パインルーバー折れ戸』です。実はこちら、既成サイズから上下を5cmほどカットして収めているのです。

ルーバー折れ戸を探していたものの、ちょうど良いものが見つからず。建具屋さんに相談したところフルオーダーは予算の倍になることが判明。ならば!と、既製品をカットすることに。

セルフリノベを楽しんでいるお客さまでも、さすがに折れ戸をきれいに切る自信はなかったようなので、カットは建具屋さんにお願いしました。

プロと共演した「いいとこ取りのDIY」 。このしっくり感がとても気持ちがいいですね。

仕上げに『ワトコオイル』のミディアムウォルナットを着色。ホームセンターで購入した、丸いつまみがいいアクセントになっています。

さらにキッチンにも、toolboxのアイテムを発見!

『オーダーキッチン天板』を使い、自分好みのキッチンをDIY。自由度の高いデザインが魅力ですと、嬉しいコメントをいただきました。

サイズは幅2400mm × 奥行き650mm、天板はオプションの「バイブレーション仕上げ」を選択。ほどよいマットな質感と傷や汚れが目立ちにくいのが特長です。

キッチン収納もすべてご夫婦でつくったもの。引き出しはプッシュ式で、調整に苦労したと話していました。

昨年1年間、コツコツ時間と愛情をかけた家づくり。今年はウッドデッキや庭づくりにも挑戦されているようです。さらなる進化が楽しみですね。

建具のカットなどプロを上手に巻き込んだ、セルフリノベーションの事例をお届けしました。

(塩川)

そのほかにも住まいや家づくりのアイデアは、お客さまのInstagramからご覧いただけます。

@everyday._.doityourself

紹介している商品

関連する事例記事

里山の眺望を望める見晴らしの家
里山の眺望を望める見晴らしの家
周囲の豊かな景観を楽しめるよう、スキップフロアを取り入れた住まい。手触りが心地よいアイテムで彩られたこだわりの造作キッチンや素材感漂う空間づくりのポイントをご紹介します!
移住して建てたのはシンプルなログハウス。DIYで自分たちらしく彩る暮らし
移住して建てたのはシンプルなログハウス。DIYで自分たちらしく彩る暮らし
夫婦で登山した山々や移住した長野でのライフスタイルを発信している92_asobiさん。山好きが高じて北アルプスの自然を感じられる場所にログハウスを建て、夫婦で暮らしています。 DIYで空間をつくり込んだり、家具を足していったり。シンプルな内装に自分たちらしさを加えていく家づくりをご紹介します。
木を愉しむ家
木を愉しむ家
天然木ならではの美しい木目が壁一面に広がる、柔らかな雰囲気漂う住まい。一つとして同じものはない木の表情は、眺めているだけで心を穏やかにしてくれる不思議な魅力に溢れています。そんな木素材を効果的に空間に取り入れた事例をご紹介します。
離島にある築80年越えの古民家を改修。自然素材を使った温かな住まい
離島にある築80年越えの古民家を改修。自然素材を使った温かな住まい
奥様が「子供が小さい時期をとにかく楽しく過ごすことを優先させたい」と、設計された、夫婦と三兄弟、家族5人が暮らす住まいをご紹介します。