出入り口の壁には『チャイナブリック』。

レンタルスペースの名前は「CAFE&SOKO RED WOOD」。

その名から想像できるように、キッチン付きのレンタルスペースになっています。

キッチン付きのレンタルスペースは横須賀では珍しいそうですが、どうやらテラスではBBQもできるそう。

海の幸を近場で買い込んでBBQ。なんてのも楽しそう。

そんなキッチンがついていることが売りのレンタルスペースですが、toolbox商品が使われているのもキッチンスペース。

正面壁の『フロストタイル』と、そこに灯っている照明には『工業系レセップ』に『ミラーLED電球』。あまり見えませんが配管を繋いだ先のスイッチには『トグルスイッチ』を使ってくださっているそうです。

白いタイルに露出配管で工業的な照明セット。素敵です。

また、レンジフードには『フラットレンジフード』が使われています。ブラックとステンレス素材もありますが、この空間には爽やかにホワイトがぴったりですね。

横須賀らしい、爽やかな空間からの事例写真でした。

(梅川)

  • 写真の「フラットレンジフード アイランド型 W600 ホワイト」は仕様変更前のもので、現在販売しているものとは仕様が異なります。(仕様変更前:全艶塗装 → 仕様変更後:2分艶塗装)

関連する事例記事

見せたいものを魅せる暮らし
見せたいものを魅せる暮らし
今回ご紹介するのはコロナ禍によって在宅勤務が増えたというご夫婦のマンションリノベーション事例です。ルーバーにも見える波打った天井に、素材豊かなインテリアが印象的なこのお宅。様々な素材や仕上げを組み合わせながらも空間にまとまりを生み出す工夫に注目です。
建築デザイナーの自邸は、素材と家具を愛でるギャラリー
建築デザイナーの自邸は、素材と家具を愛でるギャラリー
ご紹介するのは、リノベーション会社で働くデザイナーの自宅。コレクションしているヴィンテージ家具とアートを、素材感のある空間が引き立てていました。
原状回復+α!
原状回復+α!
ツールボックス工事班が工事を担当した、間取りを変えずに施した表層リフォームの実例をご紹介。
斜めの間取りとあかりで居場所をつくる
斜めの間取りとあかりで居場所をつくる
廊下を無くし、ゆるく間仕切られた広いワンルームのようなお宅。実は普通の家とはちょっと違うユニークな工夫があるんです。