ミーティングスペースはカフェのダイニングのような雰囲気。オフィスであることを忘れそうな空間ですが、だからこそ、ふっといいアイデアが湧くのでしょう。

床や天板に使われている木材が、コンクリートの空間に温かみをプラスしています。

カウンターの上にあるのは『廃材シェードランプ』のARECIBO。廃材を利用して作られた一点もので、インダストリーなテイストがワイルドな質感でまとめられた空間によく似合っています。

ワークスペースの一部は金網のパーテーションで仕切られています。プライベート感を確保しつつ、開放感も感じられる仕切り方です。隣のデスクにも声がけがしやすそうですね。

金網パーテーションにもマッチしているのが、『アングルフレーム脚』が使われたデスク。「アングルフレーム脚」は幅が最大180cm、奥行きが最大90cmまででサイズオーダーできるので、複数のディスプレイをデスクに置いて作業するウェブ制作会社にもぴったりですね。

デスクの上の棚を支えているのは、『棚受け金物』の鉄。コンクリートの壁と木の板を橋渡しするかのようにしっくりと収まっています。

ミーティングスペースのテーブルにも「アングルフレーム脚」が使われており、オフィス全体に統一感をもたらしています。

無骨なコンクリートブロック壁に納まるダークグレーの扉。
取っ手には『船舶ドアパーツ』のレバーハンドル ホーン 表示錠を使っていただきました。

丸みのあるハンドルが、無骨な壁面に柔らかい雰囲気を加えています。

鉄板を使った方立てと合板で作られた棚。隅に置かれた扉付き収納の取っ手は『把手の金物 』の鉄です。
無塗装の合板の棚がぐっと引き締まって見えます。

今回ご紹介させていただいたのは株式会社スナイプのオフィス。ウェブサイトの制作や開発をしている会社で、toolboxのウェブサイトづくりのパートナーでもあります。

toolboxにも底通する無骨さが心地よく散りばめられた都会のオフィスのご紹介でした。

(稲垣)

 

紹介している商品

関連する事例記事

窓からの夕暮れに惚れる。家族が集うリビングダイニング
窓からの夕暮れに惚れる。家族が集うリビングダイニング
「家族が増えて手狭になってきた賃貸から、そろそろ引っ越ししたい」そんな理由から戸建てマイホームの計画をはじめられたお客様の事例です。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
奥行きを生かした町家のような住まい
奥行きを生かした町家のような住まい
絵本などの書籍編集をされている家主が、将来家庭文庫を開くことを想定してつくった住宅。細長い敷地の特徴を活かした、町家のような住まいをご紹介します。
里山の眺望を望める見晴らしの家
里山の眺望を望める見晴らしの家
周囲の豊かな景観を楽しめるよう、スキップフロアを取り入れた住まい。手触りが心地よいアイテムで彩られたこだわりの造作キッチンや素材感漂う空間づくりのポイントをご紹介します!