フリーアドレスのオープンなオフィスに現れたプライベート空間。
「テレフォンボックス」の事例写真をいただきました。

写真を送ってくれたのは建築設計事務所のOpen A。
toolboxのグループ会社でもあります。

Open Aのオフィスは写真の通り、楽しい仕掛けが随所に潜んでいて、好きな場所で好きなように仕事ができる、まるで公園のように居心地がいい空間です。

自分たちのオフィスとして以外に、シェアオフィスとして場所を貸し出していたりもするので、普段はオープンで自由に仕事をしつつも、誰にも聞かれないように電話したいときや、こもって仕事したいときなんかにはテレフォンボックスは重宝されそうです。
かく言う私は、囲まれてると落ち着くタイプなので、もしtoolboxにあったら常に入って仕事がしたいです。笑

このテレフォンボックス、最初の写真で気づいていた人もいるかもしれませんが、ゲームセンターなどにいるUFOキャッチャーが付いています!

と言うのも、そもそもの原材料がこの使わなくなったUFOキャッチャー。
これをリノベーションして作ったそう。

よく見ればテレフォン“キャッチャー”
動かすことはできないそうですが、見てると思わず動かしてみたくなるから不思議です。

ここからは使ってもらった商品の紹介を。
導入してもらったのは『アイアン塗料』『足場板』『BRIWAX』『黒板塗料』『イージーロックフローリング』です。

まず外装のグレーの部分には『アイアン塗料』のシルバーグレー。
個人的にこの色が一番好きなのですが、適度なムラでさらにいい感じに。
黒い部分には『黒板塗料』が塗られていて、メモ書きができるようになっています。

『足場板』と『BRIWAX』はデスクの天板に。
ラスティック色のBRIWAXで足場板に深みが増しています。

最後に、BOX内の床に『イージーロックフローリング』。
天然の木が床にいてくれると、窮屈な感じがなくなり、居心地良い空間になりますね。

このテレフォンボックスもそうですが、Open Aのオフィスには「元ゴミ」たちがそれはそれは魅力的な家具として活躍しています。

住宅もそうですが、オフィスらしい空間。なんてものはないのかもしれません。
Open Aにとってのオフィスの形が見える、楽しい事例をありがとうございました!

(梅川)

株式会社オープン・エー | Open A

住宅、オフィス、公共施設、公共空間のリノベーション。
設計業務の他、メディアや不動産などを横断しながら活動しています。

toolboxのグループ会社です。

紹介している商品

PT-OT001-01-G044
¥10,450
FL-OT001-04-G038
¥6,947/㎡
PT-IP001-01-G021
¥3,100
PT-WP002-02-G141
¥4,180

関連する事例記事

南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
自然の豊かさを享受できるロケーションと、カリフォルニアスタイルのコテージ。貸別荘で採用いただいた事例をご紹介します。
遊びが閃きのフックになる。自然が身近な地方暮らし
遊びが閃きのフックになる。自然が身近な地方暮らし
リモートワークが浸透したことで、東京圏の企業に勤めたまま自然豊かな環境に移り住む「転職なき移住」が注目を集めています。都心とは異なる地方での暮らしとは。東京から新幹線で約60分、別荘地としても知られる栃木県那須塩原市に建てられた新築平屋の事例をご紹介します。
家全体がアートのよう。遊び心が詰まった画家の自宅兼アトリエ
家全体がアートのよう。遊び心が詰まった画家の自宅兼アトリエ
神社に面した広い庭つきの戸建てリノベ。画家であるお施主様・Hさんのアトリエを有した“アート”な事例が届きました。遊び心たっぷりの邸宅です。
1/3が土間、真ん中に小上がり…「家っぽくない」からこそ広がる暮らし方
1/3が土間、真ん中に小上がり…「家っぽくない」からこそ広がる暮らし方
和や古家具・古建具をキーに、モダン、インダストリアルな空間をつくりあげる、宮田一彦アトリエの宮田さん。今回届いた事例は、玄関も廊下もない、設計者である宮田さん自ら「家っぽくない」と言い切ってしまう、個性派リノベーションです。