本の街・神保町と、音楽の街・御茶ノ水の中間地点にある「ON A SLOW BOAT TO…」は、コーヒーと音楽好きのオーナーが脱サラして始めた音楽と自家焙煎珈琲のお店です。

カウンターと床と天井のグレーと、深煎りのコーヒー豆を思わせる深いブラウンのイスやテーブルの組み合わせが、落ち着いたシックな雰囲気をつくっている店内。
緩やかに湾曲したカウンターは、店名の「ボート」をイメージして作ったそう。
存在感のあるこのカウンターは、「モールテックス」という、通常のモルタルよりも伸縮性があり、クラックが入りにくいモルタル系素材で仕上げられています。

オーナーこだわりの自家焙煎珈琲のほか、この店のもうひとりの「主役」である音楽を奏でるのは、アメリカの音響機器メーカー・ALTECのスピーカーシステム「ALTEC 620B(ユニット604-8H)」。
このスピーカーシステムが鎮座するステージの床に『チェッカーパーケット』をお使いいただきました。

無塗装で販売している『チェッカーパーケット』。
こちらのお店では、オイルステインで塗装した上に、保護材としてウレタン塗装を施しているそうです。

スピーカーからの振動を床に伝えないために、ステージ部分の床は下地を厚く造作。
こだわりのスピーカーからの音をクリアに届けるためのこだわりです。
真鍮色の見切り材がアクセントに効いています。

まるで昔からそこにあるかのようなこちらのドア。
元々はツルツルのクリーム色のシート仕上げだったものを、薄い板を縦貼りして仕上げし直したのだそう。

ドアノブは『船舶ドアパーツ レバーハンドル ホーン 表示錠』に交換。
昔から形を変えずにあり続けるパーツがよく似合っています。

お店の入り口ドアは、もともとのドアを『アイアン塗料』で塗ってリメイク。
ドア枠は「チャコールグレー」で、円形のハンドル部分は「コッパー」で塗ってあるそうです。