キッチン前の窓枠にDIYで『水彩タイル』を施工された事例を紹介します。

この窓枠部分、ちょうどシンクの前なんだそうで、水に濡れることも多いのが気になっていたそうです。

でも、タイルを貼り付けたことで拭き取りが簡単になり、「清潔に保てそうです」と嬉しいお声をいただきました。

窓から差し込む光がタイルに反射して、気持ちがいいですね。

『水彩タイル』はもともとはシート状になっているものですが、サイズの違うものを並べるため、シート状になっているものをあえてばらけさせ、25角と50角とボーダーを組み合わせて柄を作ったそうです。

さらに、目地も通常の材料にブラウンの粉を混ぜたオリジナルカラー。クリーム色のタイルとブラウンの目地の組み合わせがぴったりですね。

ちなみに、施工前の窓枠はこちら。少ないスペースでも印象は大きく変わりますね。

  • 「水彩タイル」のこちらのカラーは販売終了となりました。

アサクラ

東京にある賃貸マンションの管理&経営をしつつ、東京の山奥にある山小屋をDIYで直したり、自分で手も動かしてしまう多才な方。
ブログや「ESSE online」では、賃貸の「現実」やリノベのアイデアなど、大家ならではの視点でコラムを書いています。

コラムはこちらから

関連する事例記事

「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
光が巡る、家族が繋がる
光が巡る、家族が繋がる
今回ご紹介するのは、若いご家族が暮らす小さな家です。 建築面積が14坪程度と少し小さめだったり、隣地建物との関係で南側からの採光が難しいという環境にもかかわらず、明るく広々とした空間を実現しました。
リノベ済みをリフォーム!
リノベ済みをリフォーム!
ツールボックス工事班が工事を担当した、間取りを変えずに理想を叶えたマンションリフォーム事例のご紹介です。
アクセントカラーを“タイル”から選ぶ
アクセントカラーを“タイル”から選ぶ
タイルを使ってアクセントカラーを選んだ事例をご紹介します。賃貸マンションの1室にアクセントカラーが加わり、この部屋ならではの個性が生まれています。