毎日手が触れる場所で、ゆっくりとなじんでいく。(とって六角棒コの字)(写真提供:TENHACHI ARCHITECT & INTERIORDESIGN)

毎日触れるものだから

お金をかけても、手に入らないもの。時を経なければ、得られないものの尊さがここにあります。

奇をてらわず、時代に左右されず、記号にもなりそうな基本の形。

無垢の真鍮でつくられた普遍的なかたちの金物たち。

どこかで見たような、でもどこにもない、そんなシンプルな形のとって・つまみ・てぬぐいかけです。

白いタイルと合わさって上品な印象に。(てぬぐいかけ表打ち)

素材となる真鍮の特徴は見た目の美しさです。仕上げにはクリアワックスを塗っていますが、素地と変わらない見た目です。

アルミやステンレスとは違って、経年変化によってだんだんと独特の深い風合いになっていきます。古さは美しい風合いとして現れるのです。見た目の美しさと、また手にとった時のしっかりとした重みが真鍮の魅力といえます。

毎日の生活の中で、必ず手に触れ、視界に入る部分だからこそ、こだわりたい。買ったその時が一番美しいのではなく、住まいと住み手といっしょに歳を重ねて、場と人になじんでゆく。深まる味わいを愉しめる金物です。

とって浮六角にはミステリアスな魅力が。

手づくりのよさ

この金物たちをつくっているのは、建築金物・家具金物を手がける作家さん。

作家さんの手によって、ひとつひとつ仕上げられています。じっくり見てみると、ひとつひとつにわずかな違いがあって、手作業の跡が感じられます。人の手によってつくられたあたたかみ、量産品にはない趣がそこにはあります。

工房。ここで作られています。

タオル掛けとして。小さなパーツながら存在感のある佇まい。(てぬぐいかけ表打ち)

取付方法

取付方法は、穴位置をマーキングしてからドリルなどで面に対して垂直に穴をあけ、形状に合わせてプラスドライバーでビスを締めるだけです。

木の扉やモルタル、タイルの壁など、様々な素材との組み合わせをお楽しみください。

キッチンの扉は既存のまま、つまみだけ交換した事例。(つまみ六角柱)

(担当:すずき)