築50年のヴィンテージマンションの一室をリノベーションして、新しい暮らしをはじめた高山都さん。

モデルや女優として幅広く活躍している高山さんにとって家は、美しい器と料理をはじめとした日々の暮らしを発信する際の背景ともなる大切な場所です。

「持ち家じゃないから思い通りにはできない」と、何かと我慢することも多い賃貸ですが、高山さんはどうしても譲れなかったポイントを絞って大家さんに交渉し、工事費は自分持ちでtoolboxとリノベーションをすることに。

予算と時間が限られた中で理想を形にしていく方法や、苦手だと思っていたインテリアとの向き合い方。toolboxや信頼できるプロに相談しながら住まいを考えた経験は、沢山の気づきを与えてくれたそう。

いつの間にか囚われていた常識や思い込みを取り払い「私はこのやり方でよかったんだ!」と答えを出すまでに考えたこと、そして家づくりをやり切った今、改めて思うことを取材してきました。

賃貸、だけど変えてみたい!

高山さんが引越し先に選んだのは、知り合いの方が事務所として使っていたマンションの一室。

過去にアルバイトとしてそこに通っていたことがあり「こんな家に住めたらいいな」と憧れを抱いていたそう。その知り合いの方が退去することを知り、住み継ぐことを決意。

しかし、自分が住むことを具体的に考えた時に、今の暮らしとフィットしない部分が出てきたと言います。

「築年数が経ってるお家ということは理解していたんです。ただ、いざ自分が住むとなった時にどうしよう!?と思って……。
特にキッチンは、私にとって使いづらいカウンターが付いていたり、持っている食器を収納できなかったり。『変えたいな』と思う部分が沢山あったんです」

入居時期が迫ってくる中で、悩んでいた高山さんの道を開いたのは「大家さんに交渉して、リノベーションしてみたら?」という友人からのアドバイスでした。

そこで「どうしてもここだけは変えたいんです!」と大家さんに直談判したところ、自己費用でという前提の元、無事要望が通りリノベーションを進めることに。

また、高山さんのリノベーション相談に乗っていたご友人からのご紹介で、toolboxが施工を担当させていただくことになりました。

使いやすさと見た目の美しさにこだわった、アイコニックな存在としてのキッチン

とはいえ、賃貸ということもあり予算はあまりかけられない上、引っ越しのタイミングに間に合う様、工期をできるだけ短くする必要がありました。限られた条件の中で、やりたいことを伝え、toolboxから出された提案を取捨選択していった高山さん。

その中でも、何よりこだわったのはキッチンでした。

「キッチンは自分の家の中でも、一番アイコニックな場所にしたかったんです。そこで過ごす時間も長いし、仕事でキッチンを背景に写真を撮る機会も多いので。

作業がしやすいこと・持っている食器を収納できること・見た目が美しいことの3つを要望として伝え、提案してもらいました」

こちらが施工前のキッチンの様子。キッチン本体など、綺麗な状態ではあるものの、全体的に少し時代を感じる印象でした。

完成したキッチンの様子。

まず目に飛び込んでくるカウンターは、元々あったものを撤去し、新設したもの。腰壁を『クラシックリブパネル』で仕上げたことで、北欧のヴィンテージ家具の様な品と美しさがあります。

オーク材の天板は、耐水性のあるステイン系塗料で仕上げ、裏面は食器やカップをしまえる仕様になっていたりと実用性も兼ね備えたカウンターになりました。

カウンターの背景は白を基調としたシンプルな内装に。実は白いキッチン本体は、元からあった既製品。予算の都合でこれはそのまま活かし、周辺を作り込んでいくことで、全く違った雰囲気に変化させています。

正面の壁は