ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
羽目板の壁
表情のある部屋
商品名:

羽目板の壁

表面の荒い杉板に粘性の強い塗料を塗りました。使うほどに馴染みます。

購入はこちら
アンティークの家具を置きたくなります。

アンティークの家具を置きたくなります。

Yさん宅にて施工してきました!

Yさん宅にて施工してきました!

塗装はざっくりと木肌が見えるくらい。

塗装はざっくりと木肌が見えるくらい。

かなりのインパクト。本気で惚れ込ました。

かなりのインパクト。本気で惚れ込ました。

時間をかけて変化を楽しむ

この壁の数年後を見てみたい。撮影に行ったときの第一印象です。

真っ白で飾り立てることなく、手づくりの味わいがあってどこかあったかくなる。
出来たての新しい壁なのに、既にかすれた感じが出ていて、このままでも、もちろん好きなんですが、むしろ、早く使い古した感じになってほしいと思いました。

好きな時計を釘で止めたり、フックを取付けて買ったばかりのコートをぶら下げておいたりして、模様替えをするときには釘の位置を変えるかもしれません。当然、釘の跡は残りますし、そのうち塗装が剥げてきて、何かをぶつけて傷がつくこともあって。
そんな生活のなんでもない行動が、壁がゆっくりと変化していくことで、ちょっとずつ壁に刻み込まれていくような気がするんです。そうやって出来た壁は、きっと部屋にもなじみ、自分にも馴染んでいくんだと思います。

自然に経年変化していくのもいいですが、わざと傷をつけたり、色を塗り替えてみるのも良いかもしれません。作られた古材風ではなく、自分なりの壁をつくっていく感じです。

この壁は時間が経つほどに愛着が出てくる壁です。感傷深い方は、何年か経った時、コーヒーでも飲みながら、壁をぼーっと眺めてみましょう。思い出に浸れるかもしれません。

家具だけじゃなく壁も合わせる。

革や木目にこだわった家具を使っている人は多いと思います。でもその家具たちが置かれた空間の内装が気になるわけです。せっかくの素材感やデザインなのに、壁があじけないっていうのは。。。
デスクとソファの後ろに白い羽目板ができた時、空気が変わりました。
家具と壁に一体感が出て、なんだか前からそうであったかのようにピタッとマッチしたのです。壁の印象って大きいんです。

この商品を使った事例「Pin-up」はこちら

開発パートナー:ANGULO 石岡鉄平

(担当:荒川)

【羽目板の壁】の全3商品

羽目板の壁
白こってり
¥14,000/㎡
サイズ:L600~3000×W150×T9mmとT12mmのランダム貼り 素材:杉板荒材 塗装:粘性の強い塗料
羽目板の壁 白こってり
羽目板の壁
水色もしくは青色
¥18,000/㎡
サイズ:L600~3000×W140×T19mm 素材:SPF材 塗装:粘性の強い塗料
羽目板の壁 水色もしくは青色
羽目板の壁
ミックス
¥21,000/㎡
サイズ:L600~3000×W140×T12mmとT19mmのランダム貼り 素材:杉板荒材とSPF材 塗装:粘性の強い塗料
羽目板の壁 ミックス