DIYでオフィスの扉をリメイクされた事例をいただきました。
元の扉の表面に、薄い無垢板材である「スライスウッド ウォルナット」を貼って、つや消しのクリア塗装を塗られたそうです。

「素人のDIYでうまくはありませんが」とご謙遜されてましたが、とんでもないです。
建具に板を貼ることは、扉の厚みが変わってしまうので、色々配慮が必要だったり、
レバーハンドル周りを細かく切り書く必要があったりと、
とても難易度が高いDIYです。

それをとても綺麗に仕上げられていて驚きました。
高級材であるウォルナットならではの、
深みのある表情も出ていて、とても素敵な扉です!

(アラカワ)

  • 写真の商品は、旧仕様の「ウォルナット 裏面溝なし」です。