ログイン 新規登録
古き良きをリノベーション

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2020.07.31
プロ

古き良きをリノベーション

築35年のマンションをリノベーション。

築35年といっても、もともと手入れはとても行き届いていて、アットホームな空気感が漂っていたというマンション。

リノベーションするにあたり、ただ綺麗にするだけでは味気ない。
そう考え、35年分の記憶を引き継げるよう、良い質感、風合いを残しながら空間をつくっていったという事例をご紹介します。

古き良さを残しながら。
そう言われて空間を眺めてみると、確かに不思議な雰囲気。
今っぽすぎることもなく、もちろん古さも感じません。
統一感ある素材とかではないのに、気持ちよく混じり合ってる感じです。
色合いが絶妙な玄関ドアは既存なんだとか。馴染んでます。

個人的に特に気になったのは床に使っている淡いグレーのPタイル。
フローリングではなく、この色のPタイルを使うことで、面白く空間がまとまっているのかなと思いました。

あとは、玄関横の部屋のガラス使いも気になったところ。
全部ガラスだけど、真ん中2枚だけは磨りガラス。
適度に明かりが通るので、玄関も廊下も明るくなります。
また、何をしてるかは見えないけど(明らかに覗かなければ!)完璧には遮断しない。
存在だけは感じられるというバランスが良いですね。

リノベーションするにあたって、水回りの使いやすさにはこだわったそう。

壁は一面タイルで清潔感があって、キッチンは自体はとってもオープン。
でも、吊り戸はついてるので必要最低限の収納は確保。
作業スペースも広いので、料理は十分楽しめそうです。

toolboxの商品があるのもこのキッチン周り。
オープンなキッチンは『オーダーキッチン天板』で、その上には『フラットレンジフード』。
そのレンジフードにあわせて扉の色をオプションで変えているのが『ラーチの吊り戸』。
カラーはダークグレーですね。
通常は扉はホワイトなのですが、ダークグレーは落ち着きがあって、ブラックのレンジフードに合わせるのにはぴったりです。

最後に、これも素敵。と思ったのが、キッチンの窓。
既存の型板ガラスですが、新規のキッチンとの相性も良さそうです。

生活しやすさを考えた使い勝手と、古くても良いものは残す気持ち。
心地よい素敵なリノベーション事例でした。

(梅川)

ディ・スペック株式会社

普通じゃちょっと物足りない人に。ニッチで個性的な賃貸・売買物件を独自の視点でセレクトしている、沖縄の不動産屋さん。

住所: 沖縄県宜野湾市新城2丁目39−3
URL: https://www.dspec.jp/

関連するPin-up記事

2020.10.26

要となる天井の木

壁や天井に床。様々な仕上げが混じり合い、バランスよくまとまっているお部屋を紹介。
2020.10.22
プロ

斜め貼りのオーク壁で個室は大人の世界観に

自分の好きなものだけを詰め込んだ大人の書斎兼寝室。木の斜め貼りで壁そのものをデザインしました
2020.10.20

L字型に光るウッドゲートの秘密

リビングの壁から天井に掛けられたL字の木のゲート。アクセントなだけじゃないんです。
2020.10.19
プロ

二世帯暮らしで念願のマイキッチン完成

キッチンが一つしかなかった二世帯住居で、後から自分たち専用のキッチンを作ったお客様の事例です
2020.10.09
インタビュー

100%の理想通りに固執しない。ハプニングさえもを楽しむ家づくり

長屋を改装した温室のような店舗兼住居。ベテラン大工さんと自身のDIY施工による、ハプニングもポジティブに受け入れる家づくりの過程を取材してきました。