みなさんは、寝るとき以外に寝室で過ごす時間がどれくらいありますか?

寝室は、家族みんなが集まるリビングとはまた違った、くつろぎの場所でもあります。
寝室にちょっとした工夫を施すことで、静かに読書や書き物に没頭できる書斎のような場所として使えたり、家族でゆっくり語り合う大切な時間を作れたり。

一日を通して、もっと長く寝室で過ごしたくなる。
そんなベッド周りのあかりの演出の仕方や、コーナーの作り方をご紹介します。

case1

柔らかいあかりに包まれて、家族で一日の思い出を話し合う

寝室のあかりはベッドに横たわった際に光源が目に入ってまぶしくないよう、工夫をしたいもの。こちらのベッドサイドは、壁付けのレセップに「ミラーLED電球」を設置。白い壁面から跳ね返った柔らかい間接光は、お互いの顔をみながら、ゆっくり一日の思い出を話し合うのにぴったり。心地よい眠りにつけそうです。

この事例についての記事を読む>

case2

造作ヘッドボードでベッド周りを自分だけの基地に仕立てる

ベッドを置く位置に合わせて腰の高さまであるヘッドボードを造作。枕元にできた背もたれと奥行き10cm強のスペースは自分のためだけに使う領域にしてしまいましょう。大きなクッションをセットして好きな本を読んだり、厳選したお気に入りの小物を並べて毎日愛でて楽しんだり。ベッド上で過ごす時間が、自分の好きとじっくり向き合えるひとときになります。

この事例についての記事を読む>

case3

寝室のカウンターデスクは、夫婦で会話しながらちょっとした作業もできる場に

ベッドを置いたら空間がほぼ埋まってしまう小さめの寝室。普通サイズのデスクを置くのは難しくても、奥行きの浅いカウンターなら空間を圧迫せずに作れます。寝る前や朝のひととき、一人はベッドに寝転がった状態で、もう一人はカウンターで明日の仕事の用意をしたり、スキンケアをしていたり。違う過ごし方をしながらも、同じ空間で会話を楽しむことができる便利なスペースに。

この事例についての記事を読む>

この事例に関する商品たち

ミラーLED電球

case1で使われている、ガラスグローブの半分をミラー加工したLED電球です。光源が目に入りにくく、反射した光が空間を優しく照らします。形状は2種類。ミラー部分も3種類のカラーが選択できます。

ウッドウォールパネル

case2のヘッドボードは、天然木の木目がすっと伸びる化粧パネル。1枚のサイズはW610mmのパネル状になっているので施工性が良いのも特徴です。無塗装品は自分好みに着色可能。H1200のショートサイズはDIYでも扱いやすいサイズです。

フリーカット集成材

case3のカウンターとして使われているのは、サイズをミリ単位でオーダーできる集成材。ウレタン、オイルなど仕上げも選択可能で、樹種は5種類の展開。棚板をはじめ、カウンターやデスク天板としてもお使いいただけます。

障子

case3のカウンター上に使われているのは、格子の桟を極限まで減らした障子です。「和」ではない空間にも合わせやすく、幅と高さはミリ単位でサイズオーダーが可能。障子紙は耐久性が通常の和紙の5倍あるといわれるタフトップを使用しています。