長野県の北八ケ岳の麓、蓼科の湖畔にたたずむ温泉旅館をリノベーションされた宿泊施設「TINY GARDEN 蓼科」で照明やドアハンドルを使っていただきました。

2019年の9月に開業したこちらの施設。
元旅館をリノベーションしたLODGE(ロッジ)といわれる宿泊棟と、CABIN(キャビン)と呼ばれる広い芝のフィールドにぽこぽこ建ち並ぶ小屋郡、テントを張ってのキャンプ泊を選んで泊まることができます。

三角のドームが特徴的なこちらは、芝のフィールドに建ち並ぶキャビンと呼ばれる小屋群。
ベッドサイドの壁付けレセップには「ミラーLED電球」が。

電球の半分がミラーで覆われているので、光源が目に入ってまぶしいことはなく、白い壁に反射した間接光が柔らかくベッド周りを包み込んでくれます。

楽しかった一日の思い出を語りながら、心地よく眠りにつけそうです。

実はさきほどの三角屋根はロフトスペース。
このキャビンでは下にも布団を敷いて、合計4人が寝ることができます。

こちらは、共用のトイレ棟。
モルタルの外壁の入口両脇には「船舶スタンドライト」を壁付け仕様で。

ちなみに、テントサイトはこんなイメージ。冬季はキャンプ泊は出来ませんのでご注意を。

ロッジの共用トイレには「ワンタッチドアハンドル」のスリムを使っていただきました。

以下、せっかくなので、施設の他の部分の紹介も。
ロッジ、キャビン、キャンプ、どこに泊まっても、ロッジの建物にある温泉は利用可能です。
蓼科温泉は、戦国時代には武田信玄が傷ついた兵士を癒すために利用されたと言い伝えられているそうで、湯量豊富。

窓から見える木々と湖畔の景色が気持ちよいカフェスペース。
宿泊客はここでご飯をいただけます。

こんなショップコーナーも。

実はこちらの宿泊施設を運営しているのは、アパレル会社アーバンリサーチ。
新たに立ち上げたタウン着としても使えるアウトドアブランド「EKAL(エカル)」のアイテムや小物が買えるコーナーになっています。

都心から車でいけば、中央道に乗ってスムーズに行けば、3時間程度。
電車でいく場合は、最寄りの茅野駅まで、新宿駅よりJR中央線特急列車あずさ号に乗り約2時間30分。
そこから車で30分ほどの道のりです。

まだ一緒に山登りなどを楽しむには早い、未就学児の小さいお子様連れには、芝のフィールドで子供たちを勝手に遊ばせながら、大人たちはのんびりという過ごし方がオススメ。湖畔周辺では、季節ごとに様々なアクティビティも体験可能。
気持ちのよい自然の中で、会社の研修旅行利用なんていうのもよさそうですね。

カフェでは、宿泊客以外もランチを楽しめるそうなので、ぜひ近くを通った際は、立ち寄ってみてください。

(来生)

  • 「船舶スタンドランプ シルバー」は販売を終了しました。

TINY GARDEN 蓼科 -Camp,Lodge & Cabins-

http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden/

〒391-0301 長野県茅野市北山8606-1
TEL:0266-67-2234

設計デザイン:Puddle Inc.
実施設計:CAMPSITE inc.

株式会社キャンプサイト

「自然とともにあそび、はたらき、くらす。」をコンセプトに、企画、設計、運営の3つの事業を行なっています。

長野県、蓼科湖畔にてキャビンキャンプ場「HYTTER LODGE & CABINS」を運営中。

紹介している商品

関連する事例記事

奥行きを生かした町家のような住まい
奥行きを生かした町家のような住まい
絵本などの書籍編集をされている家主が、将来家庭文庫を開くことを想定してつくった住宅。細長い敷地の特徴を活かした、町家のような住まいをご紹介します。
飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
飲食店・SHOP・オフィス・LAB。4つの機能をもった街の食堂
東京・学芸大学に店舗を構え、国内の旬な食材を使った料理とイタリアのナチュラルワインを提供する繁盛店「リ・カーリカ」さん。その4店舗目としてオープンしたお店は、飲食店・SHOP・オフィス・ラボという4つの役割を果たす、いわば情報発信基地のような場所。様々な要素が混ざりあったお店の様子を早速ご紹介していきます。
代々木で堪能する。本格台湾料理とアジアンクラフトビール
代々木で堪能する。本格台湾料理とアジアンクラフトビール
台湾クラフトビールと本格台湾ローカルフードが楽しめる、雰囲気の素敵なお店の事例が届きました。
無機と有機の調和が心地よいオフィス
無機と有機の調和が心地よいオフィス
古いビルの一室をリノベーションしたオフィスのご紹介です。