今回ご紹介をするのは、ウッドデッキを含めて建築面積約20坪のコンパクトな平屋のお住まい。

そのうち14坪、約46㎡を占めるLDK。ダイニングキッチンの上部は勾配天井で、一層開放感があります。

ご夫婦でキッチンに立つことが多いため、Ⅱ型のキッチンに。コンロ側もシンク側も「オーダーキッチン天板」をお使いいただきました。

シンク側はダイニングテーブルも兼ねているので、シンクの天板サイズを最小にし、木製のカウンター面積を大きくして「ダイニングテーブル」という存在感を強めています。

「キッチンカウンターは一番居心地が良く、一番長く居る場所」とのこと。奥行きたっぷりのダイニングテーブル兼用のキッチンカウンターは、料理をするときも家飲みするときも楽しそう。

実際に仕事をしながら、ついついお酒を飲んでしまうそうです。

コンロは『クリアブラックIHヒーター』をセレクト。コンロ側はキッチン家電を置くカウンターも兼ねています。
広々としたカウンターは調理も捗りそうです。

『フラットレンジフード』もステンレスをセレクトして素材を統一。

壁は『古窯タイル ミッドナイトブルー』で色のアクセントを添えています。

変わってこちらは洗面室。

お客様がショールーム来場時に「ピン!ときた」という『ミニマル洗面台』が使われています。洗面空間は、この洗面台を基準にして計画を進めたそうです。

「下部収納はありませんが、そのぶん狭い空間でも圧迫感がなく快適に使っています」との感想をいただきました。
洗面空間自体はコンパクトですが、洗面シンクの左右にあるスペースがゆとりを感じさせます。スキンケア時に道具を置くのにも便利そうですね。

幅のオーダーができる『ミニマル洗面台』の特徴を生かした使い方です。

照明は『ミニ磁器レセップ』を2灯設置。「シンプルだけど可愛い照明を探していたんです」とのこと。主張しすぎない控えめな姿ながら、しっかり空間を照らしています。

ここでも『古窯タイルパールホワイト』がアクセントになっていて、家全体で統一感を感じました。

「天板」の素材やサイズを工夫することで、作業しやすい広さのキッチン、くつろげるダイニングの広さ、ゆとりを感じる洗面を叶えたこちらの事例。

アイテムの特徴を活かし切った使い方がお見事です!

(アズマ)

関連する事例記事

見せたいものを魅せる暮らし
見せたいものを魅せる暮らし
今回ご紹介するのはコロナ禍によって在宅勤務が増えたというご夫婦のマンションリノベーション事例です。ルーバーにも見える波打った天井に、素材豊かなインテリアが印象的なこのお宅。様々な素材や仕上げを組み合わせながらも空間にまとまりを生み出す工夫に注目です。
建築デザイナーの自邸は、素材と家具を愛でるギャラリー
建築デザイナーの自邸は、素材と家具を愛でるギャラリー
ご紹介するのは、リノベーション会社で働くデザイナーの自宅。コレクションしているヴィンテージ家具とアートを、素材感のある空間が引き立てていました。
原状回復+α!
原状回復+α!
ツールボックス工事班が工事を担当した、間取りを変えずに施した表層リフォームの実例をご紹介。
主役が映える、白の箱
主役が映える、白の箱
ツールボックス工事班が工事を担当した、オフィス改装サービス「skeleton & tools」をベースに改装したアートギャラリーの事例です。