「リフォームしたい」と思うきっかけは、人によって様々ですよね。
設備の劣化や不具合を感じてだったり、お子さまが生まれるタイミングだったり、子供の成長にあわせてだったり。

今回のお客様は、お子さまの独立をきっかけに、今まで一度もリフォームしてこなかった築38年のマンションを全面改修することを決意されたのだそう。

老朽化した設備機器や家の性能をあげる目的はもちろん、これからのひとりの時間をゆったり心地よく暮らせるようにという想いから。

そんなセカンドライフのためのお宅を、今回はご紹介していきます。

誰に気兼ねする必要もない。自分の思うままにできる空間。

こちらのお客様、事前にじっくりと構想を練り、なんとイメージまで描いてご相談に来られたのだそう。そんなお客様のイメージを大切にしながら、細かい部分を詰めていったそうです。

家族仕様だった3LDKの間取りから、全体をゆるくつなげたワンルームという、余裕たっぷりの大人のひとり住まいに、見事生まれ変わりました。

レトロなバーカウンターを思わせる、窓を向いた気持ちのいいキッチン。動線が短く作業しやすいL型のキッチンは、一人暮らしのゆとりある間取りにぴったり。

友人を招いたり、お子様が帰省されたときなどには、対面カウンターでほっこり会話が弾み、晩酌や晩御飯の時間を楽しめそう。

キッチン内部の床は市松模様。どこか懐かしさを感じるこのお家の雰囲気にとてもあっています。

ソファの背面に見える造作の本棚も、お客様のイメージをもとにつくられたものなのだそう。

壁を向いて設けることの多いワークスペースですが、この本棚を背にしたゆとりのある配置いいですね。眺めがよく、とても居心地がよさそう。

集中するような作業はデスクで行い、くつろぐときはソファへ。テーブルのないソファスペースから、そんな暮らしのメリハリを感じます。

ガラスの建具と窓がついた、時間のうつろいを感じられる気持ちのいい洗面空間。モールガラスのレトロな雰囲気に、心が安らぎますね。

そんな空間を照らす真鍮の『マリンブラケットライト』。懐かしさを感じるこちらの空間にぴったりです。手元のタオル掛けに使われているのは『ハンガーバー』のステンレスです。

この建具と室内窓のレトロな雰囲気。心がときめきます。

この抜けのおかげで、リビングからの景色が一層楽しく味わい深いものになっています。

リビングから気持ちいい風が通り抜ける、腰壁でゆるく仕切ったベッドスペース。人の目を気にする必要のない、ひとり暮らしだからこその気ままな間取りがいいですね。