よくtoolboxをご利用いただいているMさん邸のキッチン・ダイニングDIY事例です。

築30年の昭和レトロキッチンの扉を取り払い、『アイアン塗料』を塗装したとのこと。

向って左のキッチン引出しとレンジフードにはアイアン塗料、写真正面のカウンター土台には『角パイプフレーム脚』、その上のツール掛けには『ハンガーバー』を採用いただきました。

レンジフードにアイアン塗料

キッチンにもアイアン塗料

既存の茶色い収納に合わせて、アイアン塗料の色はコッパー。
まるで昭和レトロに拍車がかかったようなオリジナルなキッチンに!

Mさんは今回ローラーを使って塗装したそうです。
ローラーを使うと使用面積が減ってしまいますが、仕上がりに均質感が出ます。
そして、極め付けは作業時間。
ローラーを使ったおかげで2時間程度で塗装が完了したとのことでした。

自作の調味料棚の下にハンガーバーを取り付けて、キッチン用品を見せる収納に。
幅は最大の90cmをオーダー。
「華奢な割に強度も十分、とても美しい」とご好評いただきました!

冷蔵庫とキッチンの間のスペース。もう少し有効に使えないだろうか…
ということでキッチンサブカウンターを自作!
微妙なスキマにすっぽりとハマるサイズをオーダーできる「角パイプフレーム脚」は万能なのです。

Mさんは天板裏にカトラリー引き出し用の棚もご自身で造り付けたそうです。
「フレームだけでできた脚はDIYの自由度が高く、非常に使い勝手が良い」と。嬉しいですね!

天板の固定はビスのみでできるので、将来的にステンレスの切板への変更も考えているそう。
「可変性が高いのも非常に魅力的」というお褒めのお言葉までいただきました。

最後に、ダイニングにある掘りごたつの床には『遮音フローリング』。
「他の無垢材との相性も良く、踏み込みの違和感もない」とご好評でした。
掘りごたつのあるダイニングって素敵ですね〜。

こちらはbeforeの様子。

こちらはafterの様子。見違えるほどあたたかい空間になりましたね!

これからもどんどん進化していく空間のお手伝いをさせてください。


302-302リノベるブログ
Mさんのとある団地内の1住戸の改装プロジェクトを綴ったブログです。
DIYのヒントも盛り沢山!ぜひご堪能あれ。
http://302-302.jugem.jp/

紹介している商品

関連する事例記事

公園に向けて開く家
公園に向けて開く家
大きな公園に面した場所にあるマンションの一室をリノベーション。朝から晩まで、外の景色と共に過ごしたい日もあれば、ひっそり身を隠していたい時もある。そんな過ごし方を叶えてくれる工夫の詰まった住まいです。
古き良きのその先に
古き良きのその先に
ツールボックス工事班が工事を担当した、古き良き趣を守りつつ、住みやすさをアップデートした賃貸マンションのリフォーム事例です。
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
思い出を住み継ぐ、二世代目のリフォーム
ツールボックス工事班が工事を担当した、戸建住宅のリフォーム事例のご紹介です。既存の雰囲気を壊さないようにしながら設備をアップデートして、家族が快適に暮らせるように整えていきました。
在宅ワークだからこそ。「気分転換」を大切にした住まい
在宅ワークだからこそ。「気分転換」を大切にした住まい
「ご夫婦揃って在宅ワークが基本」というHさんご夫妻。その住まいには、オンオフを気楽にスイッチできる、在宅ワークだからこその空間づくりの工夫が散りばめられていました。