今回ご紹介するのは、なんと「築90年以上」の建物をリノベーションしたお住まい。

鉄筋コンクリート造の長屋の一戸で、ご両親がお使いだったものをお施主様が結婚を機に新居として使うことになったのだそう。

窓から見えるのは、隣接する庭園の緑。

この緑を家の中のどこにいても感じられるような空間にするために、取り入れたのは「艶」のある素材。

庭園側のリビングの床にはビニルタイル、キッチンやレンジフードも光沢のある素材でできたものを使い、木々の緑とそこに差し込む光が映り込むようにしています。

躯体壁は、白にも薄紅にもベージュにも見える色合いで、緑と補色関係にある赤を少しだけ入れた色で塗装したのだそう。

庭園に面した窓と反対側にあるダイニングの壁の一部には、「水彩タイル ボーダースカイグレイ」が貼られています。

光で揺らぐタイルの艶が、光を受けながら揺れる木々の葉を思わせます。

こちらのタイルは淡いグレーなのですが、「光の影響で、青にも緑色にも見える微妙な色合いが面白いと思って選びました」と設計を手掛けたnote architectsの鎌松亮さん。

細長いボーダータイルを縦向きに貼るアイデアも、細かいピッチが横の距離感を増幅しつつ、縦方向の開放感も生んでいます。

白、グレー、シルバーと明るい木でまとめた洗面にも、toolboxのアイテムを採用していただきました。

ミラーボックスの上にあるのは「ミルクガラス照明 ボール小」。赤みを帯びたやわらかい雰囲気の空間に、丸いボール型のデザインが似合っています。

ちなみに写真上部、天井の左端に写っているのは「アイアンハンガーパイプE型-天井吊タイプ」です。

窓まわりの印象を際立たせるように、窓辺にはベンチを造作。
暗い部分の壁は赤みが強く見えて、窓外の緑を引き立てています。

窓を大きくできなくても、内装の工夫で窓外の環境を室内に取り入れることはできる!
素材使いと色選びのテクニックが巧みな事例です。

Photography by Hiroki Kawata

※こちらの事例はimageboxでもその他の写真がご覧いただけます。

(サトウ)

note architects

鎌松 亮が主宰する設計事務所。「環境的なもの」「社会的なもの」「お客様に関わるもの」建築における3つの大きな文脈を読み解き、本質を形にすることで、“その場所だからできる建築”の実現を目指しています。

関連する事例記事

光が巡る、家族が繋がる
光が巡る、家族が繋がる
今回ご紹介するのは、若いご家族が暮らす小さな家です。 建築面積が14坪程度と少し小さめだったり、隣地建物との関係で南側からの採光が難しいという環境にもかかわらず、明るく広々とした空間を実現しました。
贅沢に、思う存分オーダーメイド
贅沢に、思う存分オーダーメイド
お客様自身で設計をし、お知り合いの大工さんと直接やり取りをしながらお家づくりをされたという新築戸建ての事例の紹介です。
小さな場の連なりが心地よい、フルハウスな住まい
小さな場の連なりが心地よい、フルハウスな住まい
大阪市南部、チンチン電車が走る通りから細い路地に入ってすぐのところに立つ、4人家族が住む3階建の住宅です。家の中心に位置する躯体のコアと、その周りを取り囲む回廊状の空間が仕切られつつも繋がり、心地よい居場所をそこここに作り出していました。
学生参画のマンションリノベ。街で捉えた「ズレ・微地形・素材」を入れる。
学生参画のマンションリノベ。街で捉えた「ズレ・微地形・素材」を入れる。
街に第三者的目線を持った学生が介入していくことで、今までにない武蔵新城の街や建築のあり方、人の関わりを生み出していこうというコンセプトのもと出来上がった、賃貸マンションの改修事例をご紹介します。