ログイン 新規登録
清澄長屋/note architects Vol.1

posted by note architectsPhotography by Hiroki Kawata

キッチン、レンジフード、床仕上げに光沢のある素材を使い、限られた開口部からの景色を室内に反射させた空間。

使用アイテム情報

フローリング・床材 |畳・その他

「ロイヤルストーン」品番:PST2195(東リ)

フローリング・床材 |畳・その他

階段/メープル集成材で造作

塗料 |室内壁塗料

エマルションペイント塗装

キッチン |キッチン本体

「トレーシア」(タカラスタンダード)

内装壁材 |ウッドパネル・板壁材

前板・側板/シナ合板+「オスモカラー」ホワイト拭取り

キッチン |レンジフード

CVRAS-E902TAD(タカラスタンダード)

棚パーツ・ラック |棚・ラック

シナ合板で造作+「オスモカラー」ホワイト拭取り

照明・スイッチ |ペンダント・シーリング

「A-pendant」(コイズミ)

プロジェクト情報

清澄長屋

用途/住宅
所在地/東京都江東区
リノベーション完了年/2021年9月
設計/note architects 鎌松亮
施工/有限会社岩木屋木工
協力/新井真知子

Photography by Hiroki Kawata

このプロジェクトの他のイメージ
note architects
鎌松 亮が主宰する設計事務所。「環境的なもの」「社会的なもの」「お客様に関わるもの」建築における3つの大きな文脈を読み解き、本質を形にすることで、“その場所だからできる建築”の実現を目指しています。
住所:東京都江東区三好2-6-10 NAGAYA清澄白河
URL:https://note-arch.com