厚さ22mmの天板。まるで天板が浮かんでいるかのような、 キッチンスタイルも可能に。

オリジナルキッチンづくりのために生まれました

オリジナルのキッチンって憧れますよね。

規格サイズのキッチンでは、スペースにぴったりと収まらなくて微妙な隙間ができてしまったり、キャビネット部分の引き出しの大きさや位置の使い勝手が合わなかったり、そもそもデザインが好みじゃなかったり。できれば完全オリジナルでキッチンをつくりたいのが本音だと思います。

そんな自分好みのキッチンづくりにこだわりたい人、理想を諦めたくない人を応援したい。ということで、幅も奥行きも自由にサイズオーダーできる『オーダーキッチン天板』始めました!

例えば奥行きが900mmもある特大キッチンや、幅3mの細長ーいキッチンなど、オリジナルならではの大胆なオーダーも大歓迎です。

食洗機を使えるようにした造作の事例。(写真はコンロ&角丸650シンク)

10mm単位でオーダーできるステンレス天板

キッチンの天板といえば、ステンレス。熱や傷、汚れに強く、タイルや木など、さまざまな素材との組み合わせが楽しめる、機能性・インテリア性ともに優れた素材です。そんなステンレス製のキッチン天板を、10mm単位でオーダーできるようにしました。

幅(間口)は600〜3000mmのあいだ、奥行きは500〜900mmのあいだから。シンクとコンロの位置は左右お好みで選ぶことができます。

サイズオーダーによって、収納にぴったりあわせて作り込むことが可能に。

シンクの形状は2タイプでそれぞれ3サイズ展開です。優しい印象の「角丸シンク」は幅400・650・750mm、クールな印象の「スクエアシンク」は幅520・760・826mmから選べます。

角丸シンクはどこか優しい印象が。(角丸400シンク)

シャープな印象のスクエアシンク。(スクエア520シンク)

手軽にオーダーできることを重視して、シンク・コンロの開口・水栓穴それぞれの位置は「端から○○mmの位置」とあらかじめ決まっています。幅のサイズによって各パーツの位置を適宜調整しているので、詳しくは商品ページから図面をご確認ください。

とはいっても、オーダーをいただいてからひとつひとつ製作するので、シンクやコンロの開口位置、水栓穴の位置や数を指定したい場合は、オプションの対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。

シンクとコンロを分けて配置した事例。(角丸750シンク)

あらゆるデザインとレイアウトに応えます

天板の薄さもこのキッチン天板の特長です。22mmと16mmの2種類の展開。天板が薄いことで主張がなく、空間にも馴染みやすくなります。設置方法にあわせてお選びください。

さらにバックガードのないフラットな形状なので、壁付け、ペニンシュラ、アイランドなど、あらゆるレイアウトのキッチンに対応しています。

厚さ16mmの天板は、造作したキャビネットとあわせて使う場合におすすめ。(撮影:中村晃)

また、天板裏には全面に合板が貼られており、裏面のどこにでもビスが打てるようになっています。

そのため、下部に収納キャビネットを造作しても良し、木や金物などでフレーム状の脚をつくって組み合わせても良し。お好みのデザインで一からキッチンをつくることができるのです。

例えば、合板をコの字型に組んで土台をつくり、その上にこのキッチン天板をポンと乗せる。それだけでオリジナルキッチンができてしまいます。

天板を載せる土台は収納を工夫した造作品。使う人にぴったりのキッチンが作れます。

アイアンの脚と組み合わせた事例。(写真はコンロ&スクエア760シンク)

他にも、オプションの壁付けブラケットを使えば、天板が浮かんでいるかのような、究極的にミニマムなキッチンをつくることも可能。

壁にスッと吸い付くようなデザインのオプションブラケット。

シンクの裏側には標準仕様として静音シートと結露防止カバーが付きますが、オープンキッチンでシンク裏が見える形状の場合、外したいという要望にも対応できるようになりました。カバー無しはかっこいいのですが、必ず商品ページにて懸念事項をご確認ください。

「キッチン」と聞くと、

収納がたっぷりとついたシステムキッチンがイメージされるかもしれませんが、シンクがついた天板と水栓とコンロさえあれば、「キッチン」は成立してしまうのです。

あとは収納をどうするか? そうやって考えると、デザインの幅も広がり、より自由なキッチンづくりができると思いませんか?

こだわりのオリジナルキッチンづくりをスマートに叶えるオーダーキッチン天板。ぜひご活用ください。

オリジナルキッチンづくりで理想郷を手に入れよう。

土台をコンクリートブロックで製作。(写真提供:Arts& Crafts)

(担当:homma)