まるで飾り棚のような収納棚。

What’s “SETUP”?

キッチン、洗面室、リビングなど特定の空間をtoolboxが選んだ最適なパーツでセットアップ。 リノベーション、リフォーム、新築問わず、家づくりの素材として一式まとめた状態で販売します。

まずはプランニングのスタートにサイズを選んで当てはめてみてください。 そこから「マイホーム」が少しづつ見えてくる。“SETUP”は自分仕様の家を作りはじめるきっかけになるかもしれません。

今回はオープンな収納のついたフレームキッチンとチェリー材の飾り棚で、リビングの一角が魅せ場になるキッチン空間セットアップです。

棚板は少しだけ角のとれたディテール。

飾り棚として使える可動収納

キッチンに飾り棚?と思われるかもしれませんが、金属、陶器、ガラス、メラミン…。さまざまな素材が集まるキッチンだからこそ、それらをひとまとめに収納できる便利な棚を作りました。

オイル塗装したチェリー材の壁と棚板は家具のような印象。高さ調整を可能にする金具は、鈍い質感の鉄の酸洗材からレーザーで切り出したブラケット。オリジナルの形状は方立として機能し、ひとまとまりの棚のように見えます。

たとえば旅で出会った置物や趣味で集まったコレクションなど、調理道具じゃなくても好きなものを並べるだけで、キッチン空間に個性が宿ります。

ボリュームのある金物が一体感をつくります。

肉屋のタイルスタイル

地下鉄のタイルとして広く知られる白いタイルですが、古くは厨房やお肉屋さんなど、清潔さを保つ場所でも白い色のタイルが使われていました。天板の高さからではなく、床から張り上げたタイルがステンレスフレームの隙間から覗きます。

釉薬のツヤを背景に調理道具が引き立ちます。

目地は主張のない白を選びました。タイルの少しくすんだ白と光沢のある釉薬の質感は、キッチン本体のステンレスや棚のチェリー材とマッチして、並べるものたちを引き立たせます。

足元の収納棚越しにタイルを見る。

ステンレスキッチンの答え

サビや汚れにに強くメンテナンスがしやすいステンレスは、白いタイルと同じく厨房機材に多く使われる素材です。業務用はリビングに合わせにくい存在でしたが、オリジナルのフレームキッチンは細く薄くデザインを見直し、無骨さが消えて洗練された雰囲気になりました。オープン収納には鍋やストレーナーをそのまま入れて、料理中も勝手の良い見せる格納場所として機能します。

合わせた床材はオーク材の組み木が特徴的なチェッカーパーケット。モノトーンのダークなオイル塗装はステンレスの鈍い金属質とマッチします。

暗めに塗装したパーケットに映えるステンレス脚。

リフォーム工事サービス

年季の入ったキッチンを交換する場合や、中古マンションを買ったけどキッチンだけ新しくしたい場合に、部分工事としてセットアップをインストールするリフォーム工事サービスをはじめました。

施工エリア内(現在は東京近郊)であれば、既存キッチンの撤去からお取り付けまで対応可能です。専用ページよりお問い合わせください。

(担当:石田)

商品開発レポート

家づくりをもっと楽しく!アイテムを組み合わせたセット販売を開始し、部屋単位のリフォームへとサービス展開していきます。
10周年を迎える2020年の今年、新規事業として内装の「セットアップ販売」と「リフォームサービス」を開始します。