兄弟サイト「東京R不動産」のメンバーがはじめたニューニュータウンプロジェクト。
東京・荒川区の西尾久の商店街にある食堂「おぐセンター」のお隣に出来たのが「串カツ専門にしかわや」です。串カツの本場大阪から、東京に初進出。

店先でいい感じに休憩中の店主と、お隣おぐセンターのめがね君。サボっているわけではありません(笑)撮影の間、外に出ていてもらったのです。

正面左の正方形の窓下に注目ください。

折り畳める『メカニカル棚受け』です。テイクアウトの受け渡しカウンターを兼ね、最近追加で作ったそう。上の窓と合わせて、営業開始前にパカっと開く方式です。

撮影していた平日の15時すぎ。ちょうど、小学生がおこづかいをにぎりしめ、買いにきてました。駄菓子屋でなく、おやつに串カツ。下町ならではで、いいですねぇ〜。

店内は、約20㎡。6.3坪のコンパクトサイズ。揚げ場を中心にコの字のカウンターがぐるり。上には『ガラスボール照明』が。圧巻!

木造の構造が露出した天井に、合板のカウンターというシンプルな造りの中、この照明がアクセントとして効いてます。

照明のコード処理がきれいでした。ただ、折り曲げた止めただけなのですが、いいですね。

黒いダクトは、揚げ場の排気ダクト。ズームイン!

銅のお鍋で串カツが揚げられていきます。この日は撮影だけだったのですが、目の前で揚げられていく様子を見ながら出来立てをいただくのと、本当に美味しいのでぜひ特等席でどうぞ。

奥には『ハンガーバー』も。フキンを掛ける予定だったそうですが、逆サイドにあるシンク縁にかけてしまうので、全然使ってへんわ。がはは(笑)と店主。どんまいです。

『棚受け金物』にはS字フックでカップをぶら下げて。いいですね、この使い方。

仕込み中の様子。カウンター下に、浅い棚があったり、狭い店ならではの工夫がたくさん。

メニューは季節によっても変わりますが、以前伺った時は、アスパラ、エビ、しいたけが美味しかった思い出。がっつりご飯はもちろんですが、お散歩ついでに生ビールと合わせて、数串サクッとなんて使い方もいいですね。
ありがとうござました。

ニューニュータウンプロジェクトの概要は、こちらの東京R不動産のコラムはこちら。
お隣の「おぐセンター」、通り沿いのギャラリー兼食堂「灯明」の事例も合わせてどうぞ。

(来生)


串カツ専門にしかわや

東京都荒川区西尾久2-31-1
営業時間:15:00〜22:00
定休日:なし ※急なお休みもあるので、お出掛け前にInstagramをチェックください。

Instagram

株式会社Drawer(ドロワ)

賃貸住宅、賃貸オフィスや店舗のインテリアデザイン及び内装工事。
ラグジュアリーブランドの什器制作及び内装工事。
スチールプロダクトの企画・制作・販売を行います。

住所:東京都渋谷区神宮前2-13-7 本州ビル1A
URL:https://drawer.ne.jp/