川崎は溝ノ口に、保育園併設というユニークな試みのシェアハウスができました。

1Fの手前が保育園スペース。奥はシェアハウスのラウンジやキッチン。
2F以上が全25戸の個室となっています。

エントランスは、保育園とシェアハウス共通で1ヶ所のみ。
朝は、登園してくる子供たちと、出社するお兄さんお姉さんが交差する場所なんでしょうか。すごい!

中廊下の左右に個室がずらー。


2Fは天井高さがあまりないため、構造のデッキスラブをそのまま現しでみせることにしたのだとか。メタルな天井が特徴的。
ラフな雰囲気にぴったりの「ソケットランプ METAL」鉄がはじめからセットされています。

このメタルな天井には、磁石がくっつくそうそうなので、マグネットフックをつけて照明のコードをループさせると、レールの真下だけでなく、壁際とか、好きなところに明かりが灯せますね。


3Fは、断熱の関係もあって、天井にボードを張ってクロス仕上げ。白い空間の木がアクセントでロフト付き。
2Fに比べると優しい雰囲気。個室に最低限の水回りがあるのも、いいですね。

ソケットランプは、付属で白熱電球がつくのですが、LED電球につけかえて使用しています。

あかりをつけると天井に光が反射して、印象的に。

夜の様子。外からも特徴的なメタルの天井とそこに反射する明かりを見ることができます。

ちなみに、1Fの共用キッチンはこんな感じ。業務用キッチンがずらっと並びます。
人数が多いから、これくらい必要ですよね。

エントランス横のラウンジスペース。
保育園とシェアハウスは事業主さんが同じなので、保育園の先生も数名このシェアハウスに入居しているのだとか。
橋渡し役になってくれる先生がいると、入居者さんと保育園児たちとの交流イベントなども企画しやすそう。

シェアハウスは、不定期で空きも出るようですので、気になる方はチェックしてみてください。
スミタス溝ノ口

ありがとうございました。

PHOTO(2,3,4,5,8,9,10枚目):Kai Nakamura

(来生)

studio niko / 笹本直裕 + 佐藤研也

東京と故郷である仙台の二拠点を中心に活動する二人組。
賃貸物件の1棟改修、分譲住宅、シェアハウスといった事業性とデザインが複雑に絡む案件から、拘りを実現する戸建て住宅や飲食店、アートギャラリー、展覧会の会場構成まで。分野に限定されない設計活動を続けています。

「多層的な発想と経験をもとに1件1件の企画・設計を丁寧に進めたいと考えています。」

住所:東京都世田谷区世田谷4-13-20 松陰PLAT 2F アトリエ3
URL:http://www.studioniko.jp