30代のDINKSカップルによるマンションリノベーション。
お二人は、自分たちの好きなイメージとキーワードをちりばめた資料を作り、設計者に共有。世界観をぶらさず、作り上げたお家をご紹介します。

玄関から進むと、どーんと広がる大きな空間。
モルタルカウンターのキッチンがお出迎えです。

「フラットレンジフード」のアイランドタイプが圧迫感なく浮いております。

モルタルのムラ感がいいと、当初からキッチンはモルタルで作ることを決めていたお客様。天板までモルタルにするか悩んだそうですが、最終的に「オーダーキッチン天板」を採用いただきました。

竣工当初の様子
竣工当初の様子

モルタルのカウンター壁が立ち上がり、そこに天板が付いただけのすかすかの状態でお引き渡し。真ん中の木の方立ては、将来的に食洗機を入れることを見越して立てたもの。

食洗機を入れた時を見越してコンセントも用意してあります。こういう配慮は大切ですね。

そして、引き渡し後、大工でもある施主のお父様が造作で棚を作ったそうで(うらやましすぎる!)その完成系がこちらです。

食洗機用のスペースは、当面は設置予定がないためワゴンを入れて使われています。お父様のおかげで、コンロ下と後ろの窓下に棚が増えていました。

逆サイドからも見てみましょう。

竣工時の写真と見比べていただければ分かるのですが、当初はむき出しだったシンクの裏側にも目隠しの板が貼られ、「ハンガーバー」Φ9の真鍮を付けてタオル掛けに。お父様ステキ過ぎです!

キッチンの床は「土間タイル」のライトグレー。

玄関側からみたところ
玄関側からみたところ

土間タイルはキッチンからL字に曲って玄関側まで続いています。
白い壁の裏側には、冷蔵庫がすっぽりはまっていました。

トイレの床も「土間タイル」が続いています。

リビングの奥から見たところ
リビングの奥から見たところ

キッチンのお向かいは、お客様が当初からつくりたかった小上がりスペース。
ここの縁に腰かけながら、キッチンで料理する人と会話するなんてシーンが生まれそうですね。

小上がりスペースからキッチンを見る
小上がりスペースからキッチンを見る

大きな窓があるキッチン。気持ちよさそうです。
天板より、カウンターを少し高くしてあるので、小上がり側からは見た目すっきり。
「フラットレンジフード」の左側の大きな亀甲模様のタイルは、お客様のお名前にある「亀」の字つながりで選ばれたのだとか。来客時に選んだ由来を熱く語れそうです。

小上がりスペースは、お客様の好きな民族調のラグを敷き詰めて。来客用の布団2組が敷けるサイズ感で、下に布団が収納されているそうです。モロッカンなペンダント照明がいい雰囲気です。壁に映る影のシルエットもいいですね。

ここのスイッチには、「陶器スイッチ」を使っていただきました。

せっかくなので、リビング側もちらりと。

当初から、『クリムトの絵を飾る予定。モロッコや民族調の雰囲気も好きだが、古民家や明治時代の和洋ミックスの空間も好き。カーテンは嫌。ゆらぎの硝子が好き。』

と、自分の好きなものに対して明確なイメージがあったお客様。
それらを反映して、既存窓の内側を2重窓にして和の雰囲気の建具をはめ込んでいます。硝子はゆらぎ硝子にすることでカーテン無しでものぞき込まれる心配なし。

ご夫婦の寝場所はオープンスタイル
ご夫婦の寝場所はオープンスタイル
キッチン側をみる
キッチン側をみる

左側のテレビが壁に掛けれた白い壁の中はウォークインクローゼットに。ここにも、お客様が選ばれた古建具の欄間がはめられていました。

何風とは簡単に言い表せない、お客様の好きが詰め込まれたミックススタイル。きっとこのご夫婦をよく知るご家族やご友人が遊びにきたら、らしいねーと納得のお家なんだろうなと、写真からも伝わってきます。
ありがとうございました。

写真撮影:yuki kageyama

(来生)

株式会社coto

「つくるコト、一緒に、楽しく」
出来上がるモノだけなく、そこから始まるコトも大切と考え、リノベーションにおいても、その過程を楽しんでいただけるよう、一緒に作り上げていきたいと思います。

住所:東京都目黒区中目黒2-6-24-101
URL:http://coto-inc.net

使われている商品