オフィスのリフォーム工事を実施された方から、
「イージーロックフローリング」の設置の実例をご紹介いただきました。

将来的な移転の際の原状回復の負担軽減のため、既存のカーペットの上からイージーロックフローリングを重ねばりをされたとのこと。接着剤も釘も使わないので撤去が簡単なんです。

写真向かって左側のカーペットが見えているところが既存のエリア。重ねばりをする際の注意点が一つあります。それはフローリングの厚み分の段差が生じてしまうことです。この事例の場合はドアが内開きなので、干渉を避けてドアの軌跡をかわしたところからフローリングに変えています。

段差の写真のアップ。床と近い素材をスロープ状に加工して(見切りと言います)段差を和らげています。これがないとフローリングの断面も見えてきてしまうので見た目的にもこちらの方がきれいです。

(小林)

  •  写真の「イージーロックフローリング」は仕様変更前の「オーク120/クリア塗装 裏面カルプなし(乱尺タイプ)」です。現在は施工しやすい長さ900mmの定尺タイプで、裏面にカルプが貼られている仕様に切り替わっております。