ログイン 新規登録
曖昧な仕切り壁

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2018.01.15
プロ

曖昧な仕切り壁

1970年築のアパートリノベーション。ポイントは曖昧に仕切る室内窓でした。

1970年築の賃貸アパート1棟のリノベーションに『木製室内窓』と『オーダーマルチバー』、『マリンブラケットライト』を採用してもらいました。
元々は約30㎡の2DKだった4部屋が、古さを感じさせない1LDKの素敵な空間に生まれ変わっています。

特徴はなんといっても、『木製室内窓』がついた緑のアクセント壁。
この壁は、リビングと寝室を仕切る壁なのですが、
室内窓で、風や光、視線も通るようになっています。
それどころか、下の図面をみて分かるように扉がなく、
閉めきることができない寝室になっています。

限られた面積のなかでは、あえて個室として区切ってしまうのではなく、
最低限ベッドを隠す程度の仕切りのほうが部屋が広く感じられて、気持ちよさそうです。
作る人のアイデアが詰まった賃貸アパートです。

玄関には、黒で統一された空間に『オーダーマルチバー』の鉄を採用してもらいました。

キッチンと浴室には、いつも定番で使ってもらっている『マリンデッキライト』がきらり。
ライトからつくられる円形の影がアクセントです。

(アラカワ)

Renovation Project [Reno*]

リノベーションを武器に事業用物件も個人宅リノベも手掛ける。
不動産仲介も行う同社なら物件探しから依頼できます。

住所: 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー14F
URL: http://www.reno-style.com/

関連するPin-up記事

2020.07.30

「エレガント」という可能性

我々スタッフも驚きました
2020.07.29

こだわりの深みを求めて

寄せ木細工の模様が際立つ理想の色味を目指して、無塗装パーケットを5回のこだわり塗りで仕上げました。
2020.07.29

白い世界で、パーケット無塗装をそのままに

無塗装パーケットのマットな質感と色味が好きだと、あえてそのまま暮らすお家です。
2020.07.28
プロ

高窓のある生活

天井付近に室内窓を設置した事例をご紹介。