ログイン 新規登録
住みにくいけど、愛着のある家

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2020.06.22

住みにくいけど、愛着のある家

間口は約4m。古くて小さな3階建てのビルを「住居」にリノベーション。

新築戸建やマンションなど、家づくりの選択肢はさまざまです。

そんな中でもあえて「面白そうだから」と、住まいに築30年ほどのビルリノベーションを選択したお客さま。

3階建てのビルの間口は約4m、ワンフロアの広さは40㎡ほど。そこに家族3人が暮らしています。「小さくて住みにくいけど、愛着がある」と話す、家づくりの工夫についてお話を伺いました。

それではさっそく、玄関からのぞいていきましょう。

コンパクトな間取りゆえに、既製品が収まらないこともしばしば。そこで幅1メートルほどの玄関には『ソーホースブラケット』を使い、下足棚をDIY。

2×2(ツーバイツー)材の脚はスリムかつ、空間にぴったりと合う家具が簡単につくれるところも魅力です。

お気に入りのラグに、ジャパンツアーでサインをもらったTYCHOのポスター、友人作の置物など。好きなものがぎゅっと集まった玄関のディスプレイにときめきを隠せません。

脚と脚の間には、板を置いて収納力アップ!

実はこちら、釘も棚受けも使わずに設置しています。脚が斜めなことを生かし、絶妙なバランスのところに余っていた板をのせるだけのラフ仕上げ。四隅で支えているので、安定感もあるそうです。

ブラケットのグレーの色味はほどよいアクセントになり、無塗装のナチュラルな木肌に似合うところもお気に入りなのだとか。

2階へ上がると『オーダーキッチン天板』を使った造作キッチンが、リビングの真ん中にあらわれます。

廊下に面したキッチンですが、IHを選ぶことですっきりとした印象に。サイズも1cm単位でオーダーできるので、空間や好みに合わせて自由に設計することができます。

キッチンの横にはダイニングテーブルとソファが並びます。

家族みんながくつろぐリビングの床材には『ラスオークフローリング』のクリア塗装品を採用いただきました。

乱尺がもたらすリズムが、空間に伸びやかさを生み出していますね。

使用感を伺ってみると「この家に住みはじめて1年ちょっと経ちましたが、夏場は裸足で歩くのが気持ちよく、経年変化している感じも良いです」と嬉しいコメントをいただきました。


ビルリノベ物件のため、外壁に新たに窓をつけるのは構造計算が必要な上に、コストもかかります。そこで子供部屋の通風用として『木製室内窓』をセレクト。

ナチュラルでかわいらしい質感が、白い壁にもマッチしています。

愛着のある家づくりは、パーツ選びにもこだわりが光っていました。

建具には「ラワン合板」を多く使っており、こちらのドアには『ヘキサレバーハンドル ニッケル』をコーディネート。

「ラワンとの相性が良く、工業製品っぽさが男心をくすぐります」とのこと。なんとも絵になる、ドアの佇まいが素敵です。

住まいへの愛情が、写真の醸し出す雰囲気からもたっぷり伝わってきませんか?

限られたスペースを、楽しみながら工夫して住む。気持ちの良いビルリノベの事例をお届けしました。

(塩川)


そのほかにも、お家づくりや暮らしを楽しいでいる様子は、
お客さまのInstagramからご覧いただけます。
@arumhome_

関連するPin-up記事

2020.07.08

新築一棟に思いを詰め込む

住民向けの共用部も充実のオーナーのこだわりがつまった新築マンションです。
2020.07.07
プロ

旅に想いを馳せる部屋

アジアや中近東のイメージが散りばめられたマンションリノベーションです。
2020.07.06

お手入れも「軽やか」に

『フラットレンジフード』のシンプルなお手入れ方法をご紹介します。
2020.07.06
プロ

理想のL型キッチンを求めて

プロのサポートを受けながら、理想のキッチン空間をDIYで作り上げていきました。
2020.07.02

カットして!Good

『木製パインルーバー折れ戸』の上下をカットし、DIYで押入れの扉を設置。