ふと視線をあげた先に、目に入る我が家のお気に入り風景。
それって、建築的要素やプロダクトとそこに当たる光、飾られた自分の好きなアイテムがセットでつくりだしてくれると思うのです。

そんなワンシーンをつくりだしてくれる、ちょっとしたアイデアをご紹介します。

『木製カーテンレール チークダブル』が、真っ白い壁に木のあたたかみを添えてくれる窓辺。上部の12cmの奥行きは、額に入った絵や写真、旅の思い出、オブフェなどを飾ったりするのにちょうどよいスペース。

外の景色を楽しむための窓辺も、実はカーテンを閉めてる時間の方が長いなんてことありませんか?窓上の活用で、カーテンを閉めている時も新しい景色が生まれます。

ソファー上の照明は、単体で使うことの多い『工業系レセップ』と鋼管を使って、十字に広がる照明のようにデザインしています。

『工業系レセップ ソケットホワイト』と、『ビンテージLED電球 ボール95』タイプとの組み合わせ。

空中活用は、こんなところでも。

吹き抜け沿いの壁に、さきほどと同じ『工業系レセップ ソケットホワイト』を付けた鋼管にフックでグリーンを吊って。
こちらも、重い物はNGですが、軽いグリーンやモビールならいけちゃいます。グリーンをハンギングすると、空中でのびのび育っていくツルや葉っぱを間近で楽しめるのが嬉しいですよね。

こちらの事例は、toolboxが住宅ブランド「LIFE LABEL」とコラボレーションした新築戸建て「ZERO-CUBE TOOLS」の内装の一部。 “新築らしくない” 新しい形の住宅を目指した取り組みです。

やっと手に入れた新築の自分の家なのに、カチっと仕上がった空間に釘いっぽん打つのもためらってしまう。そんな不安をなくし、暮らし始めてからも、“家づくり”が自然に行われるような「住むが、一生の趣味になる。」そんな住宅を目指しました。

「ZERO-CUBE TOOLS」toolbox内特設ページはこちら
https://www.r-toolbox.jp/ex/zero-cube_tools/

LIFE LABEL内特設サイトはこちら
https://tools.lifelabel.jp/

(来生)