空間づくりのアイデアを、お届けしていきます。

今回着目するのは床仕上げ。
ひとつの空間の床をすべて同じ素材で仕上げる手もありますが、ひとつの空間の中で床の素材を切り替えたり、隣り合う空間まで同じ素材で仕上げたりといった手法で、空間の見え方に変化を与えることができます。

ニュースレターでも配信している、床の素材選びと合わせて参考にしたい、床仕上げの貼り分けアイデアをご紹介します。

case1

窓際の通り道兼インナーテラスでバルコニーと一体化

3面に窓が取れる建物の形状を活かして、窓際にぐるりと土間通路を設けたこちらの事例。グリーンを置けば水やりや土汚れも気にしないインナーバルコニーに。窓の先にバルコニーのグレーの床が続いていき、視覚的にも空間が外に広がって見える効果がありますね。

この事例についての記事を読む>

case2

ダイニングの一角は海辺のような日だまりサロン

ゆったりしたダイニングスペースの奥、窓辺の一角をブルーのタイルで仕上げ、一つの空間に雰囲気の異なる居場所を設けた事例。お気に入りの家具や小物が映える場所であり、食後にちょっと移動してくつろぐサロン的な場所に。ブルーのタイルに木漏れ日がゆらぐ様が印象的です。

この事例についての記事を読む>

case3

過去を繋ぐギャラリーのような既存床の玄関スペース

土間のブラインド越しから外部に出入りする木造戸建てリノベーション。室内の壁は壊して広いワンルームに。元の壁位置にあった飴色フローリングをあえて残し、他はモルタル調の塩ビタイルを敷き詰めました。無機質な空間の中で、唯一の板貼りである階段下は、何か飾りたくなるような、過去を引き継ぐギャラリー的な存在に。

この事例についての記事を読む>

このテーマに関する商品たち

ヴィンテージ加工フローリング
経年変化を手に入れる
空間に時間の深みを与えてくれる、長い年月を経たような味わいを備えたフローリングです。使い込むうちに実際に経年変化していくことも魅力。
¥12,500/㎡〜

使い込むうちに実際に経年変化していくことも魅力のヴィンテージ加工を施したフローリング。色味はナチュラル、アッシュグレイ、ローストの3色展開。幅は189/126/63mmの3種類です。

ラスオークフローリング
「節あり乱尺」だから良い
木の表情も使い勝手も「ちょうどいい」を追求して開発したオークのフローリング。90/120/180幅の3種。無塗装品とウレタン塗装品の展開です。
¥4,800/㎡〜

カジュアルに付き合えるオークのオリジナルフローリング。90/120/180幅の3種。無塗装品とウレタン塗装品の展開です。

継ぎ無垢フローリング
無垢が 繋がる リズム良く
非常にお手頃な価格ながら貼りあがりの表情が豊かな無垢のフローリングです。
¥3,980/㎡〜

ユニタイプゆえのランダムな表情が魅力の無垢フローリング。ウレタン塗装済みでお手入れが簡単。バーチ、オーク、アカシアのみクリアとブラウンをご用意。