空間づくりのアイデアを、お届けしていきます。

寝室のあり方を考える時、単に個室の中にベッドを置くという既成概念を飛び越えると、新しい寝室のあり方が見えてくるかもしれません。

眺望のよいリビングに寝るスペースを設けたり、個室を作らず家族の人数分の寝場所を立体化したり。

ニュースレターでも配信している、理想を叶えたオープンな寝床のアイデアたちをご紹介します。

case1

静かな眠りと景色を手に入れる、リビング横の箱

窓の先には運河ビューが広がるマンション。リビングの白い箱に小上がりベッドスペースを設けた一人暮らしのお家。朝目覚めると、一面に広がる空と運河の景色が目に飛び込んできます。人が行き来するマンションの共用通路から離れて、静かに景色を独り占めできるアイデアですね。

この事例についての記事を読む>

case2

趣味を楽しむ土間との共存。玄関横のベッドスペース

玄関の両サイドにあった個室と廊下を一体化。趣味を楽しむ広い土間とセミオープンな木の壁に囲まれたベッドスペースのあるリノベ事例。休みの日は、土間の本を手に取りベッドでゆっくりできそう。大きな開口部が寝室奥まで光を届け、家全体の開放感は保ちながら、玄関からベッドが丸見えにならない工夫を凝らしたアイデアです。

この事例についての記事を読む>

case3

子供の気配が伝わる、家族4人の立体寝床

リビング横に設置された立体ベッドゾーン。OSB合板の壁で囲まれた2人の子供の2段ベッド、その隣はたっぷりの収納庫、上部がロフトに布団を敷いた両親の寝床になっています。セミオープンなベッドスペースは、忙しい朝、キッチンに立ちながらさっと起こしにいくのも簡単。子供たちには自分専用の秘密基地的な楽しみもありますね。

この事例についての記事を読む>

このテーマに関する商品たち

ウッドウォールパネル
懐かしく新しい
天然木の木目がすっと伸びる化粧パネル。1枚のサイズはW610×H2430mmでパネル状になっているので施工性が良く、リノベーションと好相性です。
¥3,425/㎡〜

天然木の木目がすっと伸びる化粧パネル。1枚のサイズはW610×H2430mmとH1200。パネル状になっているので施工性が良く、ヘッドボード部分に使うのもおすすめ。

アメリカンスイッチ
From USA
100年以上の歴史を持つアメリカの定番スイッチプレート。色は白の素材違いと、黒、シルバー。スイッチとコンセントもご用意しています。
¥198〜

100年以上の歴史を持つアメリカの定番スイッチプレート。色は白の素材違いと、黒、シルバー。スイッチとコンセントもご用意しています。

ミラーLED電球
絵になる反射光
ガラスグローブの半分をミラー加工したLED電球です。 光源が目に入りにくく、反射した光が空間を優しく照らします。
¥4,620〜

ガラスグローブの半分をミラー加工したLED電球です。 光源が目に入りにくく、反射した光が空間を優しく照らします。形状は2種類。ミラー部分も3種類のカラーが選択できます。