築35年のお家を、家族3人の暮らしに合うようにリノベーションしました。
その場所で過ごす「居心地」と日常の動線を便利にした「間取り」を意識し計画されています。

まずは、造作で作られたⅡ型キッチンが存在感を見せるキッチン空間です。
キッチンと食器棚のどちらも造作で、Ⅱ型キッチンの天板の片方はモールテックス、もう一方はステンレスを使い、温かみのあるスタイリッシュなキッチンになっています。

掃き出し窓から庭へとダイレクトにつながり、家庭菜園で取れた野菜をそのままキッチンで調理することができます。

奥行きをたっぷりとって対面使いのオーダーキッチン天板。

キッチンからはLDKと庭の両方を見渡せ、遊んでいるお子様の様子を見ながら家事をすることができます。また室内窓を2つ設けることで、隣のお部屋とをゆるく繋げ、どこにいても家族の気配を保てるようにしています。さらにキッチンとリビングのひと続きの大空間には、3つの入り口があり、どの空間ともリビングと繋がるように考えられています。

こちらはリビングから大容量の収納スペースを経由し、玄関に繋がる動線です。

窓際から光と風がよく入るため、ちょっとした溜まり場を設け、収納スペースだけではなくカメラマンの奥様が撮影の場として、旦那様がDIYの場として、多目的な場所としても活用されています。

アイアンバーや有孔ボード、棚等を設置し、出かける際の洋服や小物、趣味のキャンプ道具、お子様のグッズなど、玄関に収納することができます。

こちらはキッチンからお風呂、洗面、を経由し、玄関につながる動線です。

使う頻度の高い洗面は、扉をなくしてオープンにし、日常使いに叶った洗面空間です。

家族が集まるリビングを中心にぐるぐる繋がる間取りのお家は、どこにいても家族の距離感を確認できる、そんなゆるくも心地よい場所でした。

株式会社green建築工房

無垢や木の質感を感じる家づくりを得意とし、大阪・枚方を中心にリノベーション・注文住宅・店舗デザインを提案しているデザイン集団です。

紹介している商品

テキスト:小尾

関連する事例記事

家族が集うLDK
家族が集うLDK
ツールボックス工事班が工事を担当した、家族が集まれるキッチンをテーマにしたLDKのリフォーム事例のご紹介です。
捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
捨てないリフォーム!思い入れのある建材と寄り添う暮らし
ツールボックス工事班が工事を担当した、既存材料を再利用することをテーマとしたマンションLDKリフォームの事例です。
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
築25年のご実家を2世帯住宅にリノベーションした事例です。新築時にご両親が仕込んでくれた大きな梁のおかげで、開放的な空間づくりを可能にさせました。
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
好きなものと過ごす、家中に収納を持ち合わせた家
「いろんなところに居場所が欲しい」「収納を多く取りたい」そんなご要望のもとに計画された新築の一軒家。お部屋の各所にオープン収納が設置されたお住まいをご紹介します。