(写真:矢部達也建築設計事務所)

良好な自然景観を守るために定められた風致地区の規制のため、壁面を後退させて緑地面積や駐車スペースを確保。敷地の奥側には採光通風のための引きをとり、残った中央に13坪の3層の箱が立っています。

玄関は表からは見えない建物の左側面に。水平に窓ガラスが並ぶ住宅っぽい雰囲気を感じさせない箱型の建物の中には、一体どんな住まいが広がっているのでしょうか。気になりますよね?早速ご紹介していきます。

(写真:矢部達也建築設計事務所)

建物の内部に足を踏み入れると現れる、コンクリートの厚板で形作られた骨格。家の中心にコンクリートで囲まれたコアを持ち、その周りを取り囲む回廊状の縁側のような空間とで構成された住まいです。

このコアが躯体となり、建物の構造を支えています。コンクリートの量感と肌理をインテリアで楽しみたいという思いから躯体は現しに。コアという言葉の響き通り、力強さを感じる仕上げです。

(写真:矢部達也建築設計事務所)

ワンルームとしても使える13坪をあえて数枚の壁で間仕切ることで、仕切られた場所から繋がる次の場所が見え隠れするように狙っています。

少し薄暗く奥まったコアから、明るい縁側とその先の庭を望む。見通しがききつつも隠れられる空間は、なんだかほっとする居心地の良さを感じます。コア内部の照明は低めにすることで、空間に陰影が生まれ、落ち着いた雰囲気が作り出されています。

外周の壁はラワン合板で仕上げています。思わず寄りかかりたくなる安心感を感じる仕上げ。(写真:矢部達也建築設計事務所)

ダイニングキッチンに繋がるリビングスペース。こじんまりした空間ながら、至るところに抜けが感じられるため、圧迫感は感じません。小さな椅子を置いてみたり、床に座って壁にもたれてみたり。ちょっとしたスペースがアイデア次第で特等席になるような。そんな楽しい可能性を秘めています。

コア内部のダイニング・キッチンの様子。キッチンの棚は造作でつくられています。適度なおこもり感が心地よい安心感を産んでいます。(写真:矢部達也建築設計事務所)

キッチンはカウンターを延長し、ワークスペースを確保。至る所に居場所が点在しています。(写真:矢部達也建築設計事務所)

窓を全開できる開放感溢れるバスルーム。夏場は、子供達の水遊びの場としても大活躍しそうです。(写真:矢部達也建築設計事務所)

小さな場の連なりとなった、13坪の間取り。暮らしながら使いながら、自分だけのとっておきの場所がいくつも生まれ、どんどん自分たちに馴染んでいく。そんな可能性を秘めた、素敵なお宅の事例です。

矢部達也建築設計事務所

大阪市街の古ビルと和歌山日高町の海辺の平屋、リノベーションしたふたつの拠点で活動中。暮らしやすさ、働きやすさ、居心地のよさ、屋外のきもちよさなどを大切に、これまでの価値観を問い直し、大胆な構成と繊細なディテールをもつ空間づくりをご提案いたします。住宅、リノベーション、集合住宅、店舗、オフィス、クリニックなど。土地探しのお手伝いも承ります。

紹介している商品

テキスト:八

関連する事例記事

偏愛と変化をおおらかに受け止める、築50年の“大きなおもちゃ”
偏愛と変化をおおらかに受け止める、築50年の“大きなおもちゃ”
30代夫婦のマンションリノベーション。ライフスタイルの変化に対応できる余白を残しつつも、お互いの好きなものをたっぷりと詰め込んだ、2人だけの秘密基地です。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
古き良きのその先に
古き良きのその先に
ツールボックス工事班が工事を担当した、古き良き趣を守りつつ、住みやすさをアップデートした賃貸マンションのリフォーム事例です。
お手伝いさん5人が共に暮らす。昭和の趣も残しつつ、現代のスタイルと融合した戸建てリノベ
お手伝いさん5人が共に暮らす。昭和の趣も残しつつ、現代のスタイルと融合した戸建てリノベ
東京都心の閑静な住宅街に現れた、一際目を惹く築50年の住宅。昭和のどこか懐かしい雰囲気を残しつつ、現代の暮らしにあうようにリノベーションした事例を紹介します。