今回は船舶パーツを自宅に取り入れた事例のご紹介です。

上の写真で使っているのは「船舶ハードウエア スカットルハンガー」。梯子を留め置くパーツとしてご利用いただきました。

既成の屋根裏収納を、大工さんに蓋と梯子を作り替えてもらったようで、その梯子を使わない時は、横倒しにしてスカットルハンガーで押さえているとのこと。

「船舶ハードウエア」シリーズは、商品ページにもあるように<まだ何者でもない何か>。パーツとしての魅力はムンムンさせながら、なかなか使う場所を考えさせてくれる手強いヤツです。

お買い求めいただく前にお問い合わせいただき、用途を伺った時はその発想に「なるほど!そんな使い方が!」と私も仕上がりにワクワクしていました。

また、用途としては少し長さが足りない懸念があったのですが、「このカッコ良さをいかせる部品を探すのも、悩ましくも楽しみです」と、とても嬉しいお言葉。

何に使えば良いかまだハッキリとはわからないけど、モノに惹かれてそれが使える場所はないかと模索する、何と組み合わせてみようか……、そんなパーツを主役にした楽しみ方も良いですよね。

しかし、いただいた写真を見て、私は少し違和感が……。それは「事前にご案内したものより長い……!!!」ということ。

お恥ずかしいエピソードなのですが、なんといただいたお写真から、お届けした商品が事前に取り寄せていたサンプルより長かったことが判明。

オフィスでも「なんか成長してないか??」とザワつきました。(今の在庫は商品ページの仕様の長さに戻っておりますのでご安心を)

お客様は「なんだか不思議なのですが、我が家にぴったりのサイズでした。」と優しく受け入れてくださいました。ありがとうございます……!

他にもオーダーキッチン天板や工業系レセップをキッチン空間にお使いいただきました。

お孫さん達が増えて、リビングを広くしようとキッチンの場所を変えたそう。採用の決め手は、サイズオーダーできること、下のスペースが空いていることだったそうです。写真右下にひょっこりワンちゃんが。ショールームにお越しいただいた時「犬を飼っているのでキッチンの脚が無い方が良いかなと思っています。」なんてお話されていました。

幅は30cm小さくなったけど、その分奥行きを今までより5cmプラスしたことで、使い勝手も良いようです。うまい方向転換ですね。

こちらは階段に木の手摺のウォルナット。「階段上がりながら撫でちゃう(笑)」と、作り手も喜ぶ感想。

階段や建具の濃いめの色合いにマッチしてますね。

こちらはリビング。ゼネラルシェードランプを採用いただきました。

コードは短めにすることで、窓の外へ視線がすっと通りますね。

そして玄関にレトロブラケットライト。首を斜めにもたげた照明の姿が木々の間からさりげなく見えます。

たくさん紹介させていただきましたが、実は以前も別のお部屋の改装に使っていただいています。(その記事はコチラ→『好き!を継ぐ』)

好きなものを組み合わせて、少しづつ心地よい空間を増やしていた結果、「家にいるのが大好きで 出不精になりました!」とのお言葉。

家のココを変えたい!って時って、エネルギーがいると思うんですが、お客様から感じたのはお家づくりを程よく肩の力を抜いて楽しまれていること。何かしらハプニングがあっても前向きに捉えてプラスにしている、というか。

これからもじっくりと、好きの空間を熟成させていってくださいね。

toolboxの商品大好きです、とたくさん導入いただき、本当にありがとうございました!

(サコ)

好き!を継ぐ
好き!を継ぐ
窓から入る光が気持ちいい、継ぎ無垢フローリングを使ったお部屋です。

こちらのお客様の家づくりのあれこれ、愛犬の写真もまじえた日々の暮らしを、Instagram(@emi.310)からでも見ることができます。

  • 「レトロブラケットライト 斜めアーム ブラック×ブラック」、「ゼネラルシェードランプ ラージブラック」は販売を終了しました。

関連する事例記事

見せたいものを魅せる暮らし
見せたいものを魅せる暮らし
今回ご紹介するのはコロナ禍によって在宅勤務が増えたというご夫婦のマンションリノベーション事例です。ルーバーにも見える波打った天井に、素材豊かなインテリアが印象的なこのお宅。様々な素材や仕上げを組み合わせながらも空間にまとまりを生み出す工夫に注目です。
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
実家を2世帯住宅に。両親が仕込んだ新築時のプランが繋がれる
築25年のご実家を2世帯住宅にリノベーションした事例です。新築時にご両親が仕込んでくれた大きな梁のおかげで、開放的な空間づくりを可能にさせました。
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
緑と街の景色を取り込む。角度をずらし組み合わされた二つのヴォリュームからなる家
自然や街並みといった周囲の風景を切り取り、角度をずらしながら取り込むことで、家にいながらもその土地の持つ空気感を感じられる住宅が完成しました。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。