ショールームにご来場いただいたお客様より、ご購入いただいたキッチンのお写真をいただきました。

選んでいただいたのは『木製システムキッチンバーチ 壁付け型』。

どこか商品ページで販売している、明るい色のバーチと違うような……?

上のお写真、猫ちゃんよりもさらに奥のキャビネット、あめ色に艶めくキャビネットが分かりますでしょうか。

実はこちらのお客様、かねてより愛用していた、この深いあめ色のキャビネットの色に合わせたい!とご要望いただき、木製システムキッチンを無塗装でお届けさせていただきました。

そして同時にご購入いただいた『BRIWAX チーク』を現場で塗装し、このキャビネットに色合わせされたとのこと。

キッチン前の窓からうっすらと見える木立が並ぶ景色に、つい手をとめてぼーっとしてしまいそうです。

深い色合いのキッチン、落ち着きますね。

また、同じくほんのりと艶をまとった『木製パインドア』のお写真もいただきました。

こちらのドアは基本が無塗装。
現場にて好きな色に仕上げていただけます。このドアもあめ色におめかしして、テイストをつないで馴染んでいます。

良く見ると、ドアの脇の壁に小さなトンネル発見!
先ほどキッチンの上に写り込んでいた猫ちゃんの通り道でしょうか。
猫心にも嬉しい設計ですね。

新しく持ち込んだものと、今まで気に入って使っていたもの。
使い込まれた味わいに合わせて塗装するという手法で、空間づくりを楽しまれている様子が伝わります。

お写真ありがとうございました。

(サコ)

  • 写真の「フラットレンジフード 壁付け型 W750 ホワイト」は仕様変更前のもので、現在販売しているものとは仕様が異なります。(仕様変更前:全艶塗装 → 仕様変更後:2分艶塗装)

関連する事例記事

リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
ワイン好き夫婦がお家で美味しくワインを飲めるように作った、こだわりのオープンキッチンの事例をご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
自然の豊かさを享受できるロケーションと、カリフォルニアスタイルのコテージ。貸別荘で採用いただいた事例をご紹介します。