ペットも家族の一員。最近はペットのためのアイデアをお家づくりに盛り込まれている方が増えています。

こちらのリビングもそう。猫がのびのび暮らせるよう、ステップや棚、壁付けされたボックスなど、動線を考えながら配置された猫のための仕掛けが楽しく壁際を彩ります。ちょっとした棚をつくるのに便利な『棒棚受け』ですが、今回は猫ちゃんの居場所作りに大活躍。

これだけ自由に動き回れる贅沢なキャットウォークがあったら、猫ちゃんもきっと大喜びですね。

キャットウォークの脇にはドレッシングカウンターが備え付けられています。

メイクをする場所は洗面や寝室、リビングと人それぞれだと思いますが、自然光の入る明るいリビングでメイクするのも、気持ちいいですよね。

身支度したり作業をしたり本を読んだり。愛猫を眺めながら、一緒にゆったりと至福の時間を過ごせそう。

キッチンはスッキリとステンレスで揃えて。『フラットレンジフードのステンレス』を採用いただきました。

リビングの扉の先には大きな収納スペースが設けられています。扉を設けてきちんと分けることで、猫ちゃんがいたずらする心配もないですね。

正面の壁は、レンガとモルタルでつくった造作の壁だそう。
ユニークな素材を使ったり質感のある壁の仕上げのおかげで、キャットウォークが空間の中に自然と馴染んでいるのはお見事。

ピカピカの素材だと、汚れや傷をつけてしまったらとどうしようと死守せねば!と守る方向に意識が向いてしまいますが、こちらのお家のように素材感を生かした仕上げにしておけば、ペットの足にもやさしいですし、汚れや傷も味わいの一つとして、おおらかな気持ちで経年変化を楽しめそう。

猫への愛が感じられる素敵な事例、有難うございました!

(ヤマキ)

株式会社エールテック | Aile8tech d works

千葉を中心に新築戸建・リノベーション事業を展開している建築デザイン専門集団です。
”生活×趣味×楽しむ”をコンセプトに、建築デザインにとらわれない面白い企画を含めた提案を心がけています。

関連する事例記事

リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
リビングの中心はワインを飲むためのカウンターキッチン
ワイン好き夫婦がお家で美味しくワインを飲めるように作った、こだわりのオープンキッチンの事例をご紹介します。
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
南房総でチルな休暇を。リゾートからおこもりまで叶うコテージ
自然の豊かさを享受できるロケーションと、カリフォルニアスタイルのコテージ。貸別荘で採用いただいた事例をご紹介します。