No Image

里山に隣接したロケーションを気に入って購入した中古マンション。
リノベーション会社、エイトデザインのスタッフさんの自邸リノベーションで、もともと4LDKの細かく区切られた間取りを、どこからでも緑が見渡せる開放的な1LDKに全面リノベーションした事例です。

No Image

リビングから玄関に向けての景色。
左手奥にワークスペース、キッチン裏に水回りと寝室が配置します。

お部屋のテーマに掲げたのは、緑を最大限活かした職住一体の空間。
85平米の中に全てが合理的におさまっています。

No Image

共働きの忙しい夫婦が効率的に家事をこなせるよう、キッチンは、作業動線がコンパクトなL字型キッチンになっています。
さらに、バルコニーのそばに洗濯機、その横にクローゼットを配置し、小上がりを囲ってコの字に家事が完結できるようになっています。

No Image

キッチンに設置された『フラットレンジフード』。そしてシンク前にタオル掛けとして、『ハンガーバー』をお使いいただいてます。限られたスペースで有効に空間を使いたい時に、排気口の向きを柔軟に決められるフラットレンジフードが役目を果たしてます。

No Image

こちらは玄関からのぞいたワークスペース。

No Image

廊下側からのアングル。

職業柄普段から自宅に仕事を持ち帰ることも多いのと、さらにコロナ禍で週半分は在宅ワークでお仕事をすることもあり、ワークススペースはなくてはならないスペースなんだとか。でも、籠り感にしてしまうと窮屈なので、本棚や透明なガラスの開閉できるすべり出し窓を入れることで、生活空間との繋がりを持たせたそう。

そして、ワークスペースの反対にあるドアを開けると。

No Image
No Image

薄畳の床と合間って旅館のような風情を感じる雰囲気の寝室。
こちらの化粧台の上に、『モデストレセップ』を入れていただいています。

No Image

最後に洗面室をご紹介。
木の天板、白のタイルとラワンの有孔ボードが、落ち着いた印象を与えながら、明るい清潔感を感じさせてくれます。キッチンと同じように、ここでも洗面台下に『ハンガーバー』を使っていただいてます。

生活に必要な機能は無駄なく収まり、
家族の距離感は、オープン棚を用いることで、付かず離れずのちょうどいい心地良さ。
自分たちらしい暮らしを考え込まれたそんな素敵な事例でした。

(オビ)

エイトデザイン株式会社

リノベーションを名古屋・東京で手がける一級建築士事務所。店舗デザイン、オフィスデザイン、インテリアショップ、カフェ運営なども手掛けています。

紹介している商品