マンションリノベーションに、無垢床タイル、インダストリアルフック、水彩タイルに木のつまみ、ダイヤ柄の壁紙を採用いただきました。
各所に素材感のある、温かみのある暮らしがイメージできます。

まずは床、無垢床タイルのスギをチョイス。
遮音規定の関係で、既存の床の上に敷く事を選択したそうです。

廊下のコート掛けには塗装した板の上にインダストリアルフックを。
連続で使用すると壮観かつ暗くなりがちな廊下のポイントになりますね。

お次は洗面所。既存の洗面台を活かし、水彩タイルを貼って印象を大きく変えました。
水回りだけに非常に清潔感がある洗面所になりました。

続いて居室のクロゼットには木のつまみをポイントで。
緑のカーペットに木の質感が効いています。

最後にトイレの一面にはダイヤ柄の壁紙を。
無機質になりがちなトイレにアクセントをうまくいれていますね。

素材感と色味のあるものを要所要所に用いることで、全体的に質感あふれる温かみのある暮らしが表現できていますね。
採用ありがとうございました!

  • 「ダイヤ柄の壁紙」は販売終了となりました。

株式会社MINORI

東京西エリアを中心に活動するリフォーム・リノベーションの会社です。
小さな会社ですが、ヒアリングを大切にし、おひとりおひとりに対して、細やかな対応ができるよう心がけております。

紹介している商品

関連する事例記事

「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
光が巡る、家族が繋がる
光が巡る、家族が繋がる
今回ご紹介するのは、若いご家族が暮らす小さな家です。 建築面積が14坪程度と少し小さめだったり、隣地建物との関係で南側からの採光が難しいという環境にもかかわらず、明るく広々とした空間を実現しました。
角地から生まれたダイナミックな屋根勾配がある家
角地から生まれたダイナミックな屋根勾配がある家
南と東の2面が道路に面する角地の立地を生かし、大きな勾配屋根が特徴の新築戸建てのお家の紹介です。
やわらかなモノトーン
やわらかなモノトーン
趣味を楽しむ、大人の一人暮らし。モノトーンとビビッドな色使いで仕上げられたワンルームは、やわらかな空気をまとっています。