リビングの壁一面に使って。

マグネットの魅力

黒板やホワイトボードにはつきもののマグネット。

学校や会社ではよく使いますよね。気になる資料やチラシを気軽に貼っておけるのはすごく便利で、いろんなものが貼られた風景は見ていて楽しい。

だから家でもマグネットを使いたいんだけど、使えるところがとにかく少ないのが現状。実際使えるところと言えば冷蔵庫の扉くらいじゃないでしょうか。

これは、マグネットがつくようになる塗料。鉄の粒子が塗料に混ざっているため、スチールの下地と同じ役割をしてくれます。塗るだけで、壁一面をマグネット対応にできちゃうんです。

これを塗れば、例えば冷蔵庫だけでなく、キッチン全体をピンナップ可能な空間にすることも可能。どこでも好きなものをペタペタと貼ることができちゃうんです。

どこでもピンナップできる壁に。(写真提供:ビューハウス株式会社)

仕上げ材を選んでも良し、そのまま使うも良し

こちらは基本的には下地材で、この上から仕上げをして壁が完成します。通常の塗料やクロスはもちろん、磁力を弱めない薄い材料であれば自由に選ぶことができます。

例えば黒板塗料と組み合わせれば、まさしく学校の黒板。マグネットを貼ったり、描いたりと楽しい壁が出来上がります。

黒板塗料と合わせて施工した事例。

また、濃いグレーの色がお好みであればそのまま仕上げとして見せることも可能。鉄っぽい独特の質感でそのままでも良い感じです。

塗装中の様子。粘性が高い塗料のため、よくかき混ぜてから塗りましょう。

使い方いろいろ

小さいお子さんがいる方は子供部屋に。自由にいろんなものが貼れる壁は子供にとっては楽しいキャンバスとなります。また、ピンなどを使わないため安全で壁も傷つきません。

その他にも、キッチンの壁に塗ってレシピなどを好きなだけ貼れるようにしたり、 写真をとにかくたくさん貼れるようなギャラリーとしての壁をつくったりと用途はあなた次第。

家庭だけでなく、オフィスにもおすすめです。

楽しく遊べる壁に。

オフィスでの事例。

(担当:大橋)