住んできた家、というものには思い出があるものです。家族がそこに当たり前に居る風景、巣立った我が子の部屋、思わぬ傷や落書き。引っ越しをすると旧家が恋しくなる、そんな気持ちを思い出します。

この浴槽まだ使えそうなのにな、と設備を丸ごと入れ替えることに抵抗がある方も少なくないかもしれません。今まで住み慣れた家を改装でリセットするのは、気持ち的にそう簡単ではないと思います。

当時の住まいに対する悩み

南向きのベランダから見える川の風景が好きで、「お気に入りの街路樹はあの子なの」と教えてくれた洋子さんはミドルシニア世代、パン屋さんに勤務しています。

必要なところだけ改装して数十年住んでいたその中古住戸は、頑張った分少しくたびれていました。特に北側の廊下側壁面は黒カビがひどく、もういっそのこと別のところへ引っ越そうかとも思っていたそう。

お子さんは巣立ち間近、ご夫婦で過ごすのになにか特別欲しいものがあったわけではなく、完璧を目指したいわけでもない。もし物件探しからするとなると、資金計画にも影響がある。そもそも、まったく違う街に挑戦したいわけでもない。自然と、この家でずっと暮らすのが楽だなぁと、気分よく妥協したいなぁと。

するとやはり気になるのが家のお疲れ感。どうにかしなきゃと、元よりインターネットで調べものをするのが好きだった洋子さんはパソコンに向かって「リフォーム」といった家づくりキーワードとともに情報を集めたそうです。

フルスケルトンでの改装を決断したその時

いつものようにインターネットで内装や家づくりの記事を見ているなかで、ふと目に留まったのがtoolboxのリノベーションパッケージ『ASSY』だったそうです。漠然と思い描くイメージが思うようにまとまらずフワフワしていた時に、ASSYの空間を目にして「これがいい!」とピンとクリアに。そして費用も現実的、これだ!とすぐにモデルルームの見学申込を済ませました。

ASSYは中古マンションを一度すべてリセットして新たに内装を仕上げていくフルスケルトン改装です。フルスケルトンと聞くとゼロから考える必要が?と心配も出てきますが、部分リフォームと違って既存生かし部分との調和に遠慮すること無く、むしろシンプルとも言えるかもしれません。あらかじめ内装材やパーツが決まっていることから、時間も労力もできるだけ最小限に進めることができるプランです。

後日訪れたASSYモデルルームでは、ベースとなる床壁天井の色味、特に天井のラワン材仕上げをとても気に入ってくださいました。そして、トグルスイッチハンガーバードアノブといった金属パーツが、今まで心のどこかにとどまっていた欲望をササーっと引き出したようでした。

toolboxで一番好きなもの、ミニマルシンクを洗面のメインに。

以前は使いやすい間取りでも、今は状況が違います。ベランダに面した和室を持て余している状況でした。

変えたくない環境と、変えたい住宅設備、どちらも叶いました。

順調にプランニングが進むなか、不安や迷いはなかったのでしょうか?

実は改装を決断した引き金となったのは愛猫との別れ、と当時の気持ちを話してくれました。気分的に何かをして気持ちを紛らわしたい、そこは家族みんな一緒の気持ちだったようです。次また新しい子猫を受け入れるときに、壁紙じゃなくて塗り壁がいいね、キャットウォーク作ってあげたいね、と前向きに打ち合わせを進めていきます。

いつでも猫と住めるように工夫したWIC上部に設けた小窓はキャットウォークを兼ねる、洋子さんの発案。WIC内の明かりが漏れて見えるのも好きだとか。

唯一迷いといえば、間取りをもう少しこうしたほうが良かったかなぁとか、納得して進めていくことの難しさだったそうです。

洋子さんは部屋数をあえて減らし、その代わりにたくさん収納できる納戸、ウォークインクローゼットを希望していました。さらに、その上部には換気のための開口を、猫の遊び場として兼ねたらおもしろそうだなぁと打ち合わせ中に話してくれました。では、どの場所にどれだけのサイズで?と、施工パートナーとスケッチを元にイメージを固めていきます。施主として最終形を判断できるまでに、「今さらここ変更すると申し訳ないなぁ、前のプランのほうがよかったかなぁ」と気を遣ってしまうこともあったとか。

(左)全ての収納を請け負うWIC内、しっかり明るさもとっている。 (右)上部の小窓、遊び心はあっていい。

あらかじめ内装が決まっているASSYは、その分打ち合わせも3回とテンポよく濃密に進んでいきます。お客様によって進捗は違いますが、例えば楽できるところは楽をして、こだわりたいところにはしっかり時間をかける。そんな自分の進め方の好みを知っておくのは大事かもしれません。

ふとんスタイル、寝室引き戸は開けておくことが多い。差し込む日光の具合が好きだそう。

キッチンパネルの色はモデルルームで見たときから「かわいい!」とレッドブラウンに。

心の中でずっと育てていた欲望

「全然おしゃれとかじゃないんだけど・・・」と謙遜しながら、さりげなく置かれている小物についても丁寧に話してくれました。

故郷を離れ20代の頃からアパート暮らし、日々少しでも自分の住環境を良くしたい欲望はその頃から。当時重々しいアンティークを収集したこともありましたが、今では小机や皿など軽やかで可愛らしいもの、を少しずつ手に入れるほうが合っているそうです。ホームセンターで手に入る素材を使いのんびりと自作することも好きで、気取らない人柄を感じます。

普段使いの皿は、仕舞うのではなく出しておく。

そんな愛用品は全て、以前から使っていたもの。リノベーションで一新された空間にまたスッと馴染み置かれていました。改装を機に特別新調したものは特になく、そのままでした。

(左)お子さんがまだ小さい頃、公園で見つけて持ち帰ってきた枝。どんどん愛おしく思えてきて、立て掛けておくことに。 (右)端材で制作した靴箱は最低限の奥行きで、使いやすい。

あの時の自分に伝えたい

家具はもちろん仕事も生活リズムも変えないそのまま、でも新たにASSYという背景で過ごす在宅時間はグンと気持ちよくなりました。

家については無頓着だというご家族が、なんら変わらずいつも通り過ごしている様子を見ると「あぁリノベーションしてよかったなぁ」と。みんなハッピーでいることを幸せに思うそうです。

ご主人はキッチンが見えるこのチェアに座っていることが多い。

一番のきっかけは愛猫でしたが、遠いご実家の売却といった資金面での見通しやASSYとの出会いなどいろいろなタイミングがうまく重なったのも大きな理由でした。

ユニットバスまで交換は考えていませんでしたが思い切ってフルスケルトン改装を選んだことで、浴槽も新たに。日進月歩している設備に感謝、今とっても快適だそうです。

(豊田)

 

ASSYでリノベーションした他の家についてもコラムで紹介しています。是非のぞいてみてください。

ASSYの仕様や詳細をご覧になりたい方はASSYの特設ページや、カタログをご覧ください。カタログは無料で請求が可能です。

フルリノベーションではなく、部分的にASSYを取り入れたいというご相談も受けつけております。部分リフォームを検討している方もお問い合わせください。

紹介している商品

PS-BK001-01-G141
¥2,900/本
KB-AC012-03-G067
¥29,500
KB-AC008-11-G141
¥3,500
KB-KC008-01-G091
¥34,000
LT-PS008-OP11-G141
¥550
LT-PS002-07-G141
¥8,910
LT-BR001-13-G141
¥2,800
PT-OT001-01-G044
¥10,450